本文へ移動

大仁地区支部

活動状況

12月の「FMIS」ラジオ出演!
2018-12-06
 今月も“FMIS”午後4時15分から生放送の「安全を つなげて広げて 事故0へ」に出演しています。
 6日放送の内容は、伊豆市小学校区の交通安全作文コンクールで分会長賞を受賞した修善寺小学校の波多野さんが書いた「交通安全について」を朗読後、作文についての意見を交わしました。運転手の危険運転や横断歩道上の交通事故についての考えが書かれており、運転する立場として本当に気
 今月は13日・20日・27日に放送があります。ぜひ視聴して頂き、今一度、自身の運転を見直しましょう!
伊豆市愛宕シニアクラブの交通安全教室
2018-12-06
 伊豆市愛宕シニアクラブの皆さんに対して、交通安全教室を開催しました。
 まず初めに“うさぎとかめ”を歌いながら腕を動かす頭の体操を行い、皆さん苦戦しながらも楽しく体験していました。  
 講話では、昨年起きた交通事故を元に歩行中の交通事故防止の話をしました。その後、参加者がお住いの付近の写真を使って道路での危険を皆さんで予測し、発言してもらいました。今回は男性の参加者が多く、運転する方も何人かいたため、運転手・歩行者に向けての話をすることが出来て良かったです。
 最後に足を使って俊敏性を測るクイックステップ体験では、実年齢よりも若く出る方が多かったですが、今回の結果に安心せず、より一層の安全運転・安全歩行に努めて下さい!
反射材コーナー設置及び販売に対する感謝状の贈呈
2018-11-29
 伊豆の国市・伊豆市のマックスバリュ全店舗で、歩行者の夜間の交通事故防止の対策として、反射材コーナーを設置し販売を開始しました。協力に対して、大仁警察署長から感謝状の贈呈が行われました。
  前回は、伊豆長岡店のみだったのが全店舗で販売を開始するといことで、チラシを作成して買い物客に対して呼び掛けもしました。チラシを受け取った方は、さっそく反射材コーナーへ行き、自分に合った反射材を購入している方もいて嬉しく思いました。
  夜間は姿が見えにくいため、大きな交通事故に発展することが多いです。自身の身を守るため、反射材や自発光式反射材を活用しましょう!
秋の交通安全表彰式
2018-11-21
 毎年行われる「秋の交通安全表彰式」を今年も“あやめ会館”で開催しました。
  伊豆の国市・伊豆市に居住の方が対象で、今回は49人の方が受賞され、長年の安全運転に対して、豊田支部長と平井署長から賞状と記念品を授与されました。
  毎年、春と秋に表彰式を行っています。運転される皆さん、表彰されるよう、これからも安全運転に心掛け、伊豆の国市・伊豆市から交通事故を無くしましょう!
11月20日~22日までの老人会・サロンの交通安全教室
2018-11-20
 今週は、伊豆市の大下・半経寺サロンと横瀬・天金シニアクラブ、伊豆の国市の鳥打サロンに来る方を対象に交通安全教室を開催しました。
 20日に開催した大下・半経寺サロンでは、車を運転する方も多いということで、運転手や歩行者に対して気をつけてもらいたいことを、交通安全指導員が扮する「寅さん」と一緒に映像や写真を見ながら考えました。質問にも積極的に答え、交通安全に対する意識の高さが伺えました。
 その後、反射神経年齢が分かるクイックステップ体験をして、自身の能力の低下を実感してもらいました。
 交通事故は、残念なことに“ゼロ”になることはありません。しかし、最新の「交通事故状況・特徴など」を知ることで交通事故防止につながります。年に1回は、交通安全教室の開催をお願いします!
西豆邑まつり~交通安全コーナー~
2018-11-18
 伊豆市旧土肥南小学校のグラウンドで行われた“西豆邑まつり”にて、交通安全コーナーを設け、交通安全を呼び掛けました。 子供向けの交通安全釣りゲームでは、多くの子供が標識や魚を釣ってビンゴを完成させるゲームに興味を持ち、小さなお子さんも保護者と一緒に体験していました。
 大人向けの反射材ボックスでは、反射材に光を当てたり、自発光式反射材の効果を確認しました。体験した人達は「こんなに目立つなら着けた方がいいね」と話してくれました。
 この時期は、夕方から夜間にかけての交通事故が増加する傾向があります。ドライバーの皆さんは、午後4時を過ぎたらライトを点灯して、歩行者・自転車の早期発見に努めましょう。歩行者の皆さんは、反射材や自発光式反射材を活用して、自分を目立たせる工夫をしましょう。
JAまつり修善寺会場での交通安全コーナー出展
2018-11-18
 JAまつり修善寺会場にて、大仁警察署・大仁地区安全運転管理協会と共同で交通安全コーナーを出展しました。
  今回は、子供向けに「交通安全パズル」・大人向けには「クイックキャッチ体験」、「クイックフィンガー体験」は、子供はクイズ・大人はカードめくりと世代に合わせたメニューを体験してもらいました。
 クイックキャッチは、大仁地区支部に新しく導入された、上から落ちてきた光を掴んで俊敏性を測定する機械です。皆さん、真新しい機械に興味を持ち、積極的に体験してくれました。
 子供達には交通ルールを知ってもらい、大人には自分の俊敏性の傾向を知ってもらう良い機会となりました。
  体験された皆さん、今回をきっかけに日頃から交通安全を意識して、安全運転・安全歩行を実践しましょう!
11月中のFMいずのくにラジオ出演
2018-11-16
 今月も、伊豆の国市のFMラジオ放送局「FMいずのくに」の生放送に出演しました。
  大仁警察署管内の昨日までの交通事故発生状況についてお知らせした後、「交差点での交通事故」をテーマに話をしました。
  伊豆の国市内の交差点事故は、約7割が信号機の無い交差点で発生しており、幹線道路よりも身近な道幅の狭い交差点での出会い頭事故が多いです。また、歩行者が道路横断中に遭う事故についても、約7割が交差点で発生しています。
 ドライバーの皆さん、見通しが悪い交差点を通過する際は、先々の危険を予測して、減速・徐行・一時停止をしましょう!また、歩行者の皆さんも近所だからと油断せず、「止まる・見る・待つ」を徹底しましょう!
  次回の放送は、12月21日(金)午後11時からです。伊豆の国市にお住まいの皆さん、是非お聴きください!
伊豆の国市地域子育て支援センターすみれの交通安全教室
2018-11-15
 伊豆の国市“地域子育て支援センターすみれ”にて、未就学児の親子を対象に交通安全教室を行いました。 講話では、子供達がまだ幼いため、理解するのは難しい様子でしたが、ぱんだの「まもる君」と一緒に、親子で交通ルールを勉強しました。また、保護者は大人と子供の視野の違いに驚いていました。
  最後の横断練習では、保護者が積極的に声を掛ける場面もあり、交通安全に対する意識の高さを感じました。
 お子さんが小さい頃から交通ルールを勉強することは、とても良いことです。今後も交通安全教室を開催するため、皆さんお気軽にご参加下さい。
伊豆市大野老人クラブの交通安全教室
2018-11-13
 伊豆市大野老人クラブの会員の皆さんを対象に、交通安全教室を行いました。
  最初に頭の体操として「遅出しジャンケン」を行うと、どうしても間違った手を出してしまう事に笑いながら、楽しんでいる様子でした。
  参加者は男性が多く、そのほとんどが会場まで車で来ていたため、管内の高齢者事故のうち自動車運転中が半数を占める事を伝えると、真剣な表情で頷き、気を引き締めている様子でした。
  最後のクイックアーム体験では代表者に2回体験してもらい、2回目には指導員と会話をしながら体験してもらったところ、反応が遅れ、1回目よりも俊敏性の年齢が高くなりました。
  一度に二つの事を行うと注意散漫になり、反応が遅くなるばかりでなく、正確な行動がとれなくなります。自動車運転中は特に、会話に夢中にならないよう、運転に集中しましょう!
一般財団法人 静岡県交通安全協会
〒420-0839
静岡市葵区鷹匠2丁目5番7号
TEL:054-251-4765
FAX:054-251-4779
 
TOPへ戻る