本文へ移動

水窪地区支部

支部長あいさつ

平成30年中の県内の人身事故発生状況は、発生件数28,402 件(前年比-1,842件)、死者104人(前年比-24人)、負傷者36,770人(前年比-2,583人)であった。発生件数、死者、負傷者とも減少しています。
 天竜警察署管内の人身事故発生状況は件数141件(前年比+4件)、死者1人(前年比-2人)、負傷者193人(前年比+11人)と、死者は減少したが、発生件数、負傷者が増加しているため、積極的に広報啓発活動を推進していく必要がある。
 水窪地区支部管内では人身事故・物損事故とも減少している。町別に見てみると、水窪町より佐久間町のほうが交通事故が多く発生している。原因の1つとして考えられるのは、原田橋の架け替え工事や三遠南信自動車道の建設に伴う大型トラックの通行及び採石会社の小型トラックの頻繁な通行などによるものであったが、三遠南信自動車道(下川合~東栄)が本年3月の開通に伴い車両の通行量が減少した。反面、水窪町における三遠南信自動車道の工事が本格化してきたため、工事関係者や地域の方々と連携して交通安全への注意を喚起していく必要がある。
 また、高齢運転者の交通事故が増えているが、当地域は自動車がないと不便を感じる高齢者が多いため免許証の自主返納が思うように進みません。このため高齢者中心に交通安全指導を実施して交通事故防止を呼び掛けていきます。
 

決算報告

所在地

浜松市天竜区水窪町奥領家2947-1
TOPへ戻る