本文へ移動

細江地区支部

支部長あいさつ

 交通安全協会細江地区支部支部長の松原孝昌でございます。
 日頃皆様方には、細江地区支部の運営や各種交通安全活動等にご理解とご協力を賜り、心から感謝申し上げます。
 さて、令和元年中の細江警察署管内における人身交通事故の発生状況は、
      ■令和元年中の細江警察署管内の交通事故
                                                                         
区 分 件 数 死 者 負傷者
人身事故 646件  3人  825人
前年比 -77件 ±0人 -123人
 
となり、発生件数と負傷者数は、前年に比べ約1割減少となりましたが、死者数については、3人となり前年比同数となっています。
  また高齢者事故の割合は前年比べ、全体が減っている中で発生件数、死者数、傷者数ともに増加しております。
  浜松市は、全政令指定20都市中、人口10万人当たりの人身交通事故発生件数ワーストワンが連続して続いており、今だ交通事情は厳しい情勢にあります。
  北区での事故類型別では、追突事故が4割弱、出会頭事故が3割以上を占め、通勤時間帯の事故が多く、事故件数が減少している中で、高齢者事故の割合は増加傾向にあり、高齢者事故防止対策並びに、高齢者と同じく高い発生比率にある若者起因事故防止対策、さらには、交通弱者である子供の交通事故防止対策が課題となっています。
  当地区支部では、会員の皆様からお預かりした交通安全協会費を、悲惨な交通事故から守るために有効に活用し、交通安全指導員を派遣しての幼児、小中高校生を対象とした交通安全教室や自転車指導、通勤通学時間帯の街頭指導、高齢者対象の交通安全講習会、訪問指導等の交通事故防止の呼び掛けを行い、引き続き警察、行政機関、関係団体と連携して交通安全活動を推進してまいります。
 今後とも、交通安全協会細江地区支部の交通安全活動に一層の御理解と御支援を賜りますようお願い申し上げます。
当地区支部では、交通安全指導員が中学生を対象とした自転車交通安全テストを作成しました。
この資料をご活用いただき、学校や家庭で交通安全について考えてみてください。
※中学生以外の方でも、もちろんチャレンジできます。

所在地

〒431-1305 浜松市北区細江町気賀4640 電話 053-522-0110
TOPへ戻る