本文へ移動

細江地区支部

活動状況

三ヶ日町農協祭における交通安全イベント
2019-02-14
 1月13日(日)、浜松市北区三ヶ日町の三ヶ日町農業協同組合が主体となり農協祭が開催され、会場にて交通安全イベントを行った。
 当日は、交通安全協会細江地区支部交通安全指導員及び、細江警察署交通課員が参加し、農協祭に来場した方たちの内500人を対象に、警察官が、パトカーや白バイの展示説明を行い、交通安全指導員が交通安全クイズ等による交通安全啓発を行った。
 正しい標識を選ぶクイズでは、意外と間違う人も多く、改めて標識に関する意識付が出来たものと思われ、さらに、反射材等の啓発品を配布するとともに、反射時の活用等交通事故防止の広報を行い交通安全意識の啓発を図った。
テクノロードローラー作戦IN都田南交差点
2019-02-14
 本年度、浜松市の市民交通安全の日に指定されている毎月10日に合わせて、企業進出が進み交通量が増加しているテクノロードの主要交差点において街頭広報を実施している。
 1月10日は、浜松市北区都田町の都田テクノ南交差点において、早朝通勤時間帯に合わせて街頭広報を行った。
 当日は、静岡県交通安全協会細江地区支部役員及び交通安全指導員、細江警察署交通課員、細江地区安全運転管理協会役員、地区自治会役員、浜松市北区役所職員が参加して、交差点において朝の通勤車両を中心にのぼり旗を携行し、追突防止等交通事故防止の広報活動を行った。
 当日多数の方に参加していただき、効果的な街頭広報が出来たものと思われる。
三ヶ日少年野球団交通教室の開催
2019-01-09
 12月15日土曜日、浜松市北区三ヶ日町の少年野球チームに所属する小学生66人を対象に、交通安全教室を開催しました。
 当日は、浜松市北区三ヶ日町の三ヶ日西小学校体育館を借りて、交通安全協会細江地区支部交通安全指導員、細江警察署交通課員及び浜松市北区役所職員が参加し、野球チームの役員20人の協力を得て、小学生を11チーム(1チーム6人)に分け、交通安全に関する学科テストと自転車を使用した一時停止方法やジグザグ走行等の安全走行実技並びに、標識クイズ等にチャレンジしてもらい、ゲーム形式で楽しく交通ルールやマナーを再確認してもらいました。
 チーム対抗形式で行ったことから、各員が協力し合い真剣に課題に取り組んでおり、交通安全意識向上の良い機会となったものと思われます。
幼稚園児による交通安全ツリーの作成
2019-01-09
 12月14日午後、浜松市北区細江町気賀にある浜松市立中央幼稚園の園児30人が細江警察署を訪問し、交通安全クリスマスツリーの飾りつけを行った。
 細江警察署講堂に、交通安全協会細江地区支部交通安全指導員が事前に飾り付けをした、市販の模擬クリスマスツリーを設置し、交通安全指導員及び細江警察署交通課員が協力して、園児30人が反射材等をクリスマスツリーに飾り付けました。
 細江警察署長から、交通事故に気を付けるようお話があり、園児からは、交通安全指導員や細江警察署員に対して、お礼に歌のプレゼントがありました。
 その後、細江警察署交通課員対応により、パトカーや白バイの体験乗車をしてもらい、園児たちはたいへん喜んでいました。
高齢者対象年金支給日広報の実施
2018-12-19
 12月の年金支給日となる14日午前、浜松市北区細江町のとぴあ浜松湖北支店前において、細江警察署生活安全課及び帽派教会と共同で、来店客に対して交通事故防止並びに、振り込め詐欺被害防止等の広報活動を行った。
 当日は、交通安全協会細江地区支部事務局・同交通安全指導員、細江警察署交通課員・生活安全課員、防犯協会職員、地域安全推進員が参加し、とぴあ浜松湖北支店前において、同店に来店してくる者に対して啓発品を配布するとともに、夜間反射材活用等の交通事故防止広報並びに、金銭要求等の振り込め詐欺被害防止広報を行った。
 交通事故については、発生事故に占める高齢者の割合が増加傾向にあり、また、振り込め詐欺については、高齢者の被害が多いことから合同での広報活動を実施した。
 
年末交通安全県民運動事前街頭広報の実施
2018-12-19
 12月15日から12月31日までの17日間年末の交通安全県民運動が実施されることに伴い、前日となる12月14日朝事前一斉街頭広報を実施した。
 今回のメイン会場は、細江地区の浜松市北区役所前となり、交通安全協会細江地区支部役員及び交通安全指導員、細江警察署員、細江地区安全運転管理協会役員、細江地区地域交通安全活動推進委員、細江地区自治会関係者、浜松市北区役所職員並びに、細江中学校生徒等が参加し、浜松市北区役所前においてのぼり旗を掲示し、通勤等で通行する車両等に対して年末交通安全県民運動が行われることの周知と、安全運転啓発広報を実施した。
 街頭候補活動については、その他に、引佐町・三ヶ日町・三方原町・都田町・新都田の各地域のおいても広報場所を選定し同時に広報活動が実施された。
自転車通学一斉街頭指導湖北
2018-12-19
 毎年、西遠地区高等学校生徒指導研究協議会が主体となり、各高校において実施日時を決定して行われる自転車通学を対象にした一斉街頭指導・広報を、12月13日午前7時30分から浜松市北区引佐町金指の湖北高校前交差点において実施した。
 当日は、交通安全協会細江地区支部事務局・同交通安全指導員及び、細江警察署交通課員並びに湖北高校生徒等が参加し、通学してくる自転車利用者等に対して、のぼり旗を掲示し自転車安全走行の為の交通ルールやマナーを遵守する意識向上に資するための指導・広報を行った。
 湖北高校前交差点は、通勤等の車両も多く天竜浜名湖鉄道を利用する生徒と、自転車通学の生徒が一時的に集中し混雑する交差点であり、通勤車両や通学自転車ともに、信号ルールや待機時マナーを守ることが求められる。
自転車通学街頭指導啓陽
2018-12-17
 毎年各高等学校が日時を決定して行う自転車通学者一斉街頭指導を、12月12日(月)午前8時00分から、浜松市北区三方原町の啓陽高校周辺において実施した。
 当日は、交通安全協会細江地区支部事務局・同交通安全指導員及び細江警察署交通課員、啓陽高校生徒が、付近3か所の交差点に分れてのぼり旗を掲示し、自転車通学の生徒に対して交通ルールやマナーを遵守した安全な自転車走行意識の向上に資するように指導・広報を実施した。
 啓陽高校付近は、近年企業等の進出が進み通勤車両が増加傾向にあり、より安全意識が求められる地域となっている。
高校自転車通学一斉街頭指導浜工
2018-12-17
 毎年西遠地区高等学校生徒指導研究協議会が主体となり、各高校が日程を決定して行われる自転車通学街頭指導を、12月7日(金)午前8時00分から浜松市北区初生町の浜松工業高校周辺において実施した。
 当日は、交通安全協会細江地区支部事務局・同交通安全指導員及び、細江警察署交通課員並びに、浜松工業高校の生徒が参加し、浜松工業高校北側交差点において、のぼり旗を掲示し自転車通学生に対して、交通ルールやマナーを遵守した自転車安全走行に関する意識の向上に資するように指導・広報活動を行った。
 同交差点付近は、通勤等の交通量も多く、自転車・徒歩通学者も一時的に集中する場所となり、自転車の安全走行が求められる場所となっている。
萩原荘における元気はつらつ交通安全教室の開催
2018-12-12
 12月4日(火)から12月8日(土)までの5日間連続で、浜松市北区初生町の老人福祉センター萩原荘において、来所する高齢者を中心に交通安全教室を開催しました。
 交通教室には、交通安全協会細江地区支部交通安全指導員及び、浜松市北区役所職員が萩原荘を訪問し、5日間で延べ86人の高齢者に対して、今年度作成した「高齢者交通安全三ヶ条」の説明・唱和、「ま・い・に・ち・げ・ん・き・に」交通安全講話、交通事故発生状況並びに、DVD「きずな町物語」の視聴等による、高齢者交通安全指導・広報を行った。
 参加者は、楽しみながら交通安全意識の向上を図ることができ、DVDの視聴により道路に潜む危険性についても理解してもらえたと思われる。
 啓発品を配布するとともに、夜間外出時には反射材等の着用を指導し、夜間における交通事故防止を呼びかけた。
一般財団法人 静岡県交通安全協会
〒420-0839
静岡市葵区鷹匠2丁目5番7号
TEL:054-251-4765
FAX:054-251-4779
 
TOPへ戻る