本文へ移動

細江地区支部

活動状況

シニアに対する交通安全教室の実施
2018-10-18
 秋の全国交通安全運動期間中の9月28日、シニアクラブに所属する高齢者に対する交通安全教室を開催した。
 当日は、午前中に湖東寿会の会員34人を対象に、午後は、花平シニアクラブの会員20人を対象に、交通安全協会細江地区支部交通安全指導員及び浜松市北区役所まちづくり推進課職員が、湖東公民館並びに花平公会堂において交通安全教室を行いました。
 交通教室では、交通事故状況や交通安全のポイント等の講話、ビデオ視聴、反射材の効果確認と着用の推進等について行い、交通安全意識の向上を図りました。
テクノロードローラー作戦IN浜工前交差点
2018-10-18
 秋の全国交通安全運動期間中の9月27日午後4時00分亜から、運動の統一主要行事の一つである交通事故ゼロを目指す日の活動として、企業進出により交通量が増加しているテクノロードにおいて街頭広報を実施した。
 当日は、交通安全協会細江地区支部交通安全指導員、細江警察署交通課員、浜松市北区役所職員が参加し、静岡県立浜松工業高校前交差点において、のぼり旗掲示や啓発品の配布により、歩行者・自転車利用者に対する反射材の着用推進及び、車両運転者に早めのライトオンの実践を広報した。
 
シートベルト等着用キャンペーン
2018-10-10
 秋の全国交通安全運動期間中の9月25日、浜松市北区都田町の聖隷こども園桜ヶ丘において、シートベルト・チャイルドシート着用キャンペーンを行った。
 当日、交通安全協会細江地区支部交通安全指導員、細江警察署交通課員及び浜松市北区役所職員が聖隷こども園桜ヶ丘を訪問し、園出入口前においてチャイルドシート着用人形を設置し、園児を送ってくる保護者を対象に啓発品を配布し、自身のシートベルト及び園児のチャイルドシート着用を広報しました。
 聖隷こども園桜ヶ丘では、ほとんどの園児が車による送り迎えでることから、こども園職員に対しても、来園する保護者に対してチャイルドシートの着用を呼びかけるようにお願いした。
通学路安全確保の日の活動
2018-10-10
 秋の全国交通安全運動の統一主要行事の一つである通学路安全確保の日に合わせた活動を、指定日である9月25日(火)浜松市北区都田町の浜松市立都田南小学校周辺において行った。
 当日は、交通安全協会細江地区支部交通安全指導員、細江警察署交通課員、浜松市北区役所職員及び、細江地区安全運転管理協会役員等が参加し、都田小学校周辺の交差点等において、通学してくる児童を対象に見守り活動を行った。また、都田南小学校周辺は、都田地区への企業進出により朝の交通量が増加ししていることから、通勤等の車両運転者に対しても通学児童に対する注意喚起を広報した。
確かめよう 自分の運転適性
2018-10-10
 秋の全国交通安全運動期間中の9月21日、細江地区安全運転管理協会の平成30年度安全運転推進事業所である、花平ケアセンター及び聖隷予防検診センターの職員を対象に、安全意識向上のためのイベントを開催しました。
 当日は、交通安全協会細江地区支部交通安全指導員、細江警察署交通課員、浜松市北区役所職員及び、細江地区安全運転管理協会職員が両事業職を訪問し、事業所職員に対してCRT(運転適性検査器)やクイックアーム、飲酒ゴーグルを活用して、自分の運転適性や反射神経を知ってもらい、安全運転に対する意識の向上を図りました。CRTでは、検査結果がペーパー形式で示され、出された結果を基に交通安全指導員が安全運転に関するアドバイスを行い、各員に自分の適性等を知ってもらい安全運転に心がけてもらう活動を行いました。
子供自転車全j国大会優勝に伴う報告会
2018-09-11
 本年8月8日、東京ビックサイトで開催された「第53回交通安全子供自転車大会」において優勝した、浜松市立平山小学校の選手が、8月27日各部署への優勝報告を行いました。
 当日は、平山小学校の選手等児童6人と学校長・顧問教諭に交通安全協会細江地区支部支部長・交通安全指導員等が参列し、浜松市役所にて鈴木康友市長、浜松市北区役所にて高田区長、細江警察署にて田中署長に対して、山田校長及び選手代表から優勝報告を行いました。
 その後、県庁に異動して、県庁別館にて静岡県警察本部長、東館特別会議室にて難波副知事、西館教育長室にて木苗教育長それぞれに優勝報告を行いました。報告会では、知事顕彰状の授与並びに警察本部長感謝状、静岡県交通安全協会会長表彰の贈呈を受けました。
交通安全子供自転車全国大会優勝
2018-09-10
 8月8日東京のビックサイトで開催された「第53回交通安全子供自転車全国大会」において、静岡県代表として出場した浜松市立平山小学校が見事優勝しました。
 大会当日は、全国47チームが出場し、学科テスト・安全走行テスト・技能走行テストを行い、選手4人の総合点で団体優勝を競い、平山小学校が見事団体優勝し日本1に輝きました。さらに、学科テストと安全走行テストの合計点がトップのチームに贈られる文部科学大臣賞も受賞し、優勝を合わせてダブル受賞となりました。
 個人成績では、選手全員が20位以内に入り、外山選手が5位入賞となりました。平山小学校は、前年度準優勝となり優勝できなかったことから、本年度は優勝に向けて練習積み重ね、選手・補欠と練習補助者が一体となり、チームワーク良く優勝することができたと思います。
 
子供自転車全国大会出場に伴う激励会の開催
2018-09-10
 平成30年8月8日に開催される「第53回交通安全子供自転車全国大会」に出場する、浜松市立平山小学校の選手等に対する激励会を開催しました。
 8月3日、本年度は、平山小学校の選手が浜松市立三ヶ日西小学校の体育館を借りて練習していることから、練習時間にあわせて午前10時30分に、静岡県公安委員会委員長・静岡県警察本部交通部長・静岡県交通安全協会専務理事・浜松市警部長・静岡県警察本部交通企画課長・浜松市北区役所区長・細江警察署交通課長・交通安全協会細江地区支部支部長等が三ヶ日西小学校体育館を訪問し選手に対する激励会を行いました。
 激励会では、公安委員長・交通部長等から励ましの言葉をいただくとともに激励品が贈られ、その後練習を見学し終了となりました。
 また、当日は、静岡テレビ等の取材もあり、後日テレビ放映されました。
死亡事故現場診断
2018-08-09
 7月20日午前に死亡事故現場診断を行った。
 今回の事故は、7月4日午前6時40分頃、浜松市北区根洗町地内において、普通乗用自動車と自動二輪車の衝突事故で、二輪車の方が亡くなられたものです。
 当日は、細江警察署交通課主催で、交通安全協会細江地区役員・交通安全指導員、細江地区安全運転管理協会役員、地域交通安全活動推進委員、浜松市役所道路企画課員、浜松市北区役所職員、地区自治会関係者、計21人が参加し、交通課長からの事故状況の説明を聞いたのち、それぞれの立場から現場を観察し、再発防止のための意見発表を行いました。
 細江警察署管内では、本年は入りすでに3件の死亡事故が発生しており、今回の現場診断を通じて、各団体が連携して交通事故防止に取り組んでいくことを確認しました。
ゲートボール場での高齢者交通安全広報
2018-08-09
 夏の交通安全運動期間中の活動の一環として、ゲートボール場での高齢者に対する交通安全広報を行いました。
 今回は、浜松市北区引佐町金指地内の金指農村公園ゲートボール場において、交通安全協会細江地区支部交通安全指導員、細江警察署交通課員、浜松市北区役所職員がゲートボール場を訪問し、ゲートボールをやりに来た方たち25人に対して、死亡事故発生に伴う注意点や、反射材の活用推進を指導し、実生活における交通事故防止広報を行い、反射材等の啓発品を配布しました。
 車に乗る高齢者も多いこともあり、無理のない運転に心掛けるように呼びかけました。
 
一般財団法人 静岡県交通安全協会
〒420-0839
静岡市葵区鷹匠2丁目5番7号
TEL:054-251-4765
FAX:054-251-4779
 
TOPへ戻る