本文へ移動

磐田地区支部

支部長あいさつ

 会員の皆様には、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
 平素は、静岡県交通安全協会磐田地区支部の運営、活動等に御理解と御協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、令和2年中の磐田警察署管内における交通事故発生状況は
 ・発生件数  1,114件(前年比 -168件 -17.7 %)
 ・死者数     9人(前年比    +7人   +450 %)
 ・負傷者数  1,471人(前年比 -286人 -18.9 %)
で、前年と比較して発生件数及び負傷者数は、4年連続して減少しましたが、2年連続して年間2人に抑止していた死者数が大幅に増加しました。
 特に高齢の横断歩行者が夕暮れ時、通行車両2台に次々と轢過され死亡に至った凄惨な死亡事故が発生するなど極めて憂慮される状況にあり、引き続き高齢者と歩行者の交通事故防止対策が最重要課題となっております。
 そこで、当地区支部では、「安全をつなげて広げて事故ゼロへ」をスローガンに高齢者を始めとする道路横断中の事故防止を最重点的に、交通事故の減少に向けて、引き続き警察署の御指導と関係機関、団体の御協力の下に交通事故のない明るい地域づくりのため
 〇 高齢者と子供の交通事故防止対策
 〇 歩行者の交通事故防止対策
 〇 自転車の交通事故防止対策
 〇 飲酒運転の根絶対策
 〇 シートベルト・チャイルドシートの着用対策
 〇 追突事故の防止対策
を活動重点に各種の交通事故対策を推進する所存でございます。
 とりわけ、歩行者のマナーアップを図り、横断歩行者被害の交通事故を防止するため、三つの柱を要諦とした「しずおか安全横断」を掲げ、その普及促進を推進し、市民の交通安全意識の高揚に努めてまいります。
 皆様からお預かりした大切な会費は、交通安全に関する各種広報紙のほか、反射材等の啓発品、幼児・児童・高齢者に対する交通安全教室、小・中・高校生に対する自転車指導など交通事故防止に資するための諸活動等に使わせていただいております。
 今後とも、市民の交通安全意識の高揚を図るため、地域に根差した交通安全活動を推進し、交通事故のない安全で安心な地域社会の実現を目指してまいりますので、会員及び関係機関・団体・事業所の皆様の御理解と御協力を賜りますようお願い申し上げます。
 未だコロナ禍が収束せず、不安な日々をお過ごしと存じますが、皆様にはくれぐれも御自愛くださいますよう心よりお祈り申し上げます。
 静岡県交通安全協会磐田地区支部 支部長 山下 六機

決算報告

地区支部からのお知らせ

令和2年交通事故のあらまし

あらまし

(6039KB)

所在地

磐田市一言2533-4
TOPへ戻る