本文へ移動

磐田地区支部

活動状況

児童から交通安全を呼び掛ける広報の実施について
2019-07-20
当地区支部の交通安全指導員は、夏の交通安全運動期間中に事故防止を呼び掛けるマイク広報の作成を行いました。
今回は磐田市立福田小学校と磐田市立豊田北部小学校の児童代表者に交通安全の呼び掛けをお願いしました。
これは、夏の交通安全県民運動の重点地区である福田中地区と富丘地区の児童が通う小学校にお願いしたものです。
児童達は、元気よく大きな声で交通事故防止を呼び掛けました。
児童達の可愛らしい声での広報に、通行中の車両・歩行者達も微笑んで広報に聞き入ってくれました。
夏の交通安全県民運動の期間中に、重点地区を中心に広報を流したため、地域の交通事故防止に効果がありました。
 
飲酒運転根絶キャンペーン
2019-07-19
当地区支部は、令和元年7月19日(金)に磐田警察署・磐田地区安全運転管理協会・磐田市と協働で飲酒運転根絶を目指す広報活動を行いました。
JR磐田駅北口周辺の飲食店約20店を訪問し、卓上ポップを手渡しながら飲酒運転防止を呼び掛けました。
開店前の多忙な時間帯にかかわらずどの店も快く対応してくれたため、飲酒運転防止対策に効果がありました。
なお卓上ポップは磐田市イメージキャラクターのしっぺいが飲酒運転防止を呼び掛けている可愛らしい卓上ポップで、受け取った店主の方々にも大好評でした。
 
豊田北部小学校下校指導
2019-07-18
当地区支部は、令和元年7月18日(木)に磐田警察署・磐田市と協働で磐田市立豊田北部小学校(磐田市加茂1026)周辺道路において安全下校広報を行いました。
1・2年生の下校時間にあわせて、見守りボランティア・交通安全協会役員・青パト等約30人がのぼり旗を持って下校の様子を見守りました。
夏の交通安全県民運動の期間中、当小学校の児童が交通事故防止を呼び掛ける広報テープを流したため、地域住民の関心が高く、交通安全意識の高揚に効果がありました。
 
夏の交通安全県民運動初日に街頭広報を実施しました
2019-07-11
当地区支部では、令和元年7月11日(木)に磐田警察署・磐田市・磐田地区安全運転管理協会と協働で、磐田市内約30ヵ所の交差点において
交通安全を呼び掛けました。
今回のメイン会場は堀之内セブンイレブン前信号交差点(磐田市堀之内1757-1)で、関係団体・ボランティア約60人がのぼり旗を持って
通勤車両・通学する児童学生達に交通安全を呼び掛けました。
子供達がもうすぐ夏休みに入ることから、交通事故防止を呼び掛けるよい機会になりました。
 
 
静岡県西部出納室で交通教室を実施しました
2019-07-11
当地区支部交通安全指導員は、令和元年7月11日(木)に磐田警察署
と協働で中遠総合庁舎東館(磐田市見付3599-4)において交通教室を行いました。
出納室職員約100人が参加しました。
最初に磐田市内の交通事故状況を磐田警察署の警察官が説明した後にDVDを視聴しました。
その後、代表者20人に飲酒ゴーグルの体験を行い、その様子を他の職員達に見学してもらいました。
体験者・見学者達は「普段行っていることが飲酒状態になるとできなくなるのには驚いた。飲酒運転は絶対しません。」と言う意見が多く聞かれ職員の交通安全意識の高揚に効果がありました。
 
磐田西高等学校で交通教室を実施しました
2019-07-08
当地区支部交通安全指導員は、令和元年7月8日(月)に磐田警察署と協働で磐田西高等学校(磐田市中泉2660-1)において交通教室を行いました。
磐田西高等学校の全校生徒約800人が参加しました。
最初に磐田市内の交通事故状況・自転車のルール・事故例等を磐田警察署の警察官が説明しました。
その後、交通安全指導員がパワーポイントを使って通学路の危険箇所と自転車の安全な通行方法を具体的に説明しました。
 最後に交通事故で子供を亡くされた遺族のDVDを見て、交通事故の悲惨さを実感し、自分達の自転車運転・歩行マナーについて再確認していました。
 本校は自転車事故ゼロ・プロジェクトスクール校として、1年間交通事故防止に取り組んでいます。
 
見付地区北小学校防犯交通安全推進協議会で旗振り講習を実施しました
2019-06-28
当地区支部交通安全指導員は、令和元年6月28日(金)に磐田市と
協働で見付交流センター体育館(磐田市見付2385-10)において旗振り指導を行いました。
見付地区防犯交通安全協議会役員約40人が参加しました。
最初に磐田市内の交通事故状況と旗振りの方法の説明を行った後、横断マットを使って旗振り指導の練習を行いました。
参加者の中には旗振りが初めての人もいたため、旗振りをする場合の
立ち位置や子供達を渡らせるタイミングについて丁寧に指導しました。
今後、子供達の安全のために頑張って活動をしていきます。
ヤマハモーターMIRAI(株)交通安全講習会を実施しました
2019-06-26
当地区支部交通安全指導員は、令和元年6月26日(水)ヤマハモータ
ーMIRAI(株)(磐田市新貝2500)で交通安全教室を開催しました。
参加者は当会社の従業員約50人です。
最初にDVDで交通事故の恐ろしさを実感した後、会社内の食堂の通路を使って交差点での通行方法を見学してもらい、安全な方法を学んでもらいました。
参加者は、自転車通勤が多く、また休日も自転車を利用することから「交差点ではしっかり確認することが大事だということがよくわかった。」「自分だけでなく相手(車・歩行者)のことも考えなければいけないことに気がついた。」と言う意見も聞かれ交通安全意識の高揚に効果が
ありました。
 
磐田南高等学校でスケアード・ストレイト交通教室を実施しました
2019-06-18
当地区支部の交通安全指導員は、磐田警察署・磐田市・JA共済と協働で令和元年6月18日(火)に磐田南高等学校(磐田市見付3084)で交通安全教室を開催しました。
プロのスタントマンが様々な交通事故(交差点での出会い頭事故・自転車同士の衝突事故等)を激しいアクションで実演しました。
参加者は磐田南高等学校1年生330人と今年の自転車事故防止対策モデル地区に指定された長野地域づくり協議会会員30人も、目の前で迫力ある交通事故の再現に交通事故の恐ろしさを実感していました。
本行事は6月20日(木)静岡新聞・6月21日(金)中日新聞の朝刊に掲載され交通安全意識の高揚に効果がありました。
 
 
年金受給日キャンペーンでの交通安全の呼び掛け
2019-06-14
当地区支部の交通安全指導員は、磐田警察署と協働で令和元年6月14日(金)に静岡銀行磐田支店(磐田市二之宮東1-1)において交通安全の呼び掛けを行いました。
 本来の年金受給日は15日ですが、土曜日になるため前日14日に行いました。
 来店した高齢者達に交通事故防止を呼び掛けるチラシ・靴の踵に貼る反射シールを手渡し、交通事故防止と振り込み詐欺防止について説明しました。
 最近全国では悲惨な交通事故が多発していることから、来店した人達は真剣に話を聞いてくれたため、交通事故防止に効果がありました。
 
TOPへ戻る