本文へ移動

島田地区支部

活動状況

 運転者会員及び賛助会員の皆様には、当地区支部の交通安全活動に、ご理解とご協力を賜り誠にありがとうございます。
 さて、令和3年中の当地区支部管内(島田警察署管内)の交通事故の発生状況は、件数454件(前年比-43件)・死者3人(前年比±0人)・傷者559人(前年比-88人)であり、発生件数と傷者数は減少したものの、死者数は前年と同人数でした。
 交通死亡事故2件のうち1件は夜間における高齢者の歩行中の事故、もう1件は深夜における大型貨物自動車同士の正面衝突事故でした。
 人身交通事故発生の特徴としては、追突事故と出会い頭事故が発生件数全体の約7割であり、高齢者が関係する事故は全体の約4割を占めています。事故形態としては、交差点事故や横断中の事故が増加しているほか、昼時と夕暮れ時の事故が増加しています。今後もこの傾向が続いていくことが懸念されています。
 そこで、当地区支部の交通安全指導員をはじめ、島田市内・川根本町内において、ボランティアで活躍している各分会の役員による各種の交通安全広報啓発活動により、多くの運転者や地域住民に交通安全を身近に感じてもらう取り組みを行っています。これからも私達は島田警察署他関係機関と連携をとりながら、当地区支部の目標の「日本で一番交通事故のない街づくり・地域社会から信頼される交通安全協会を目指す」、支部長の「交通死亡事故削減のため皆で注意すること(みんなで使う道路  お互いにゆずりあい  交通事故を無くそう)」を実現するため、各種の交通安全活動を勧めていき交通事故の防止に努めたいと考えております。
 当地区支部は 皆様が善意で納めて頂いた「交通安全協会費」及び「賛助会費」を交通安全活動のため有効に活用させていただき、皆様方本人や周りの大切な人たちを悲惨な交通事故から守るため、交通事故を1件でも減らす交通安全活動を展開してまいります。
 今後とも、交通安全協会に対しましてご支援・ご協力下さいますようお願い申し上げます。
 皆様にとりましても素晴らしい1年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

決算報告

令和3年交通事故発生状況

交通安全教室を開催してみませんか?

交通安全指導のポイント

所在地

島田市向谷元町1212番地
TOPへ戻る