本文へ移動

富士宮地区支部

支部長あいさつ

○令和元年(平成31年)の人身交通事故発生状況
  件数(件) 死者(人)  傷者(人)
富士宮警察署管内 873(-117) 3(-1) 1,136(-107)
静岡県 25,102(-3,300) 101(-3) 32,491(-4,279)
 
 交通安全協会富士宮地区支部支部長の野村高男(のむら たかお)でございます。
 皆様には、平素から当地区支部の活動に際しまして、深いご理解とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。
 さて、富士宮警察署管内と静岡県における令和元年(平成31年)中の交通事故発生状況は、死者については、当署管内は3人(前年比-1人)、静岡県内では101人(前年比-3人)で、人身事故件数・死者数・負傷者数は、県下的に減少しています。当署管内におきましては、平成28年、平成29年、平成30年、令和元年(平成31年)と連続4年、人身事故件数1000件を下回り、更に昨年は、900件を下回っています。これは、市民の皆様一人一人が交通安全意識を強くもっていただいた証であります。今年もまた、交通死亡事故削減はもちろんのこと、人身交通事故等負傷者数が更に削減されるよう願って活動しております。
 当署管内並びに県下でありますが昨年の事故発生件数におきましては、高齢者の交通事故件数が占める割合は、まだまだ高くなっています。よって、当地区支部におきましてはこれを念頭に置き、今後とも警察や市、他の関係団体等と協力し交通事故総量削減に努めてまいります。また、独自の活動としましては、交通安全教室などを通じて高齢者の交通安全教育に努め、市民が安心して生活できる安全で住みよい町づくりに努めてまいります。今後とも当地区支部に対するご支援・ご協力を賜りますように心からお願い申し上げます。
 

決算報告

地区支部からのお知らせ

TOPへ戻る