本文へ移動

富士宮地区支部

活動状況

西富士中学校において交通安全教室を行いました
2021-04-09

4月9日(金)西富士中学校全校生徒を対象に交通安全教室を実施しました。

新1年生を迎え、今年度初めての交通教室でしたが、生徒たちは、実験にも積極的に参加してくれ、交通事故に遭わないためにどうしたらいいのかを考えました。

また自転車通学者の自転車点検も行ない、安全な自転車に乗ることも交通事故防止になることを呼びかけました。

特に1年生の皆さんは、まだ慣れない中学校生活・自転車通学となりますが、交通事故に気を付けて学校生活を送って下さい。2、3年生の皆さんも実験への参加ありがとうございました。

富士宮北、東幼稚園入園式にて交通安全教室を行いました
2021-04-07

4月7日(水)当地区支部交通安全指導員は、富士宮警察署員と合同で富士宮北、東幼稚園の新入園児とその保護者を対象に歩行交通教室を行いました。

それぞれの幼稚園では、徒歩通園をしており、入園後、園児たちが交通ルールを身に付け、安全に歩くことができるよう交通安全指導員からは、歩く時の約束を話し、保護者の方に対しても交通安全意識を高めていただきました。

講話後は、園庭に作成した横断歩道を渡る練習を親子で行いました。園児たちは、しっかりと手を上げて模擬車の方に目を向け、よく見ることが出来ていました。横断後は警察官や交通安全指導員からチラシとキャラクターの交通安全ポーチをもらい喜んでいました。

これからもしっかり手をつなぎ、交通のお約束を守り、交通事故に遭わないように気を付けましょう。

白糸小学校にて新入学おめでとうキャンペーンを行いました
2021-04-07

4月6日(火)当地区支部では、富士宮警察署職員・富士宮市役所職員と合同で、白糸小学校にて新入学おめでとうキャンペーンを実施しました。

新一年生は少し緊張した様子で、保護者とともに登校していました。おさるのもんたくんから、交通安全や防犯についてのチラシ、文房具などが入ったプレゼントを受け取りました。警察官や交通安全指導員、地域の方とこれから交通事故に遭わないように、交通ルールを守って元気に通学することを約束しました。

 新学期が始まり、通学にまだ慣れていない児童、生徒がいるかもしれません。ドライバー皆さん、子どもを見かけたら飛び出し等に十分注意し、危険を予測して安全運転をお願いします。
富士宮市交通指導員新任研修を行いました
2021-03-31
 3月29日(月)当地区支部交通安全指導員は、富士宮警察署職員と合同で、富士宮市交通指導員に対し講習会を実施しました。
 この講習会では、新たに富士宮市交通指導員になる20名が参加し、交通指導員の役割や街頭活動での注意点等について説明しました。

参加者全員熱心に話をきいてくださり、講話後には交通指導員、また横断者役などを順番に行いました。

今後皆様の協力を得て、市内の学校周辺にて街頭指導や、交通安全活動を行い、横断者を交通事故から守りましょう!!

ぽっかぽっかサロンよどしっ子で交通安全教室を実施しました
2021-03-25

3月25日(木)子育てサロンに参加されていた保護者の方を対象に交通安全教室を実施しました。

交通安全指導員からは、交通事故状況について説明をし、幼い子供を交通事故から守るために、同乗中のチャイルドシートの正しい着用や歩行時の事故防止について呼びかけました。

講話終了後は、交通安全啓発チラシとJA共済より寄贈されたオリジナルポーチを配布し、子ども達も喜んでいました。

 

令和3年度新入学児童用啓発品贈呈式を行いました
2021-03-23

3月23日(火)当地区支部では富士宮市役所にて、令和3年度新入学児童に配布するクリアファイル、反射キーホルダーの贈呈式を行いました。

クリアファイルには、富士宮警察署オリジナルキャラクター『みれいちゃん』が描かれています。みれいちゃんの名前の由来は、「事故0(ゼロ)」・「犯罪0(ゼロ)」・「詐欺0(ゼロ)」この三つの0(ゼロ)、零にすることを目指して付けられました。新一年生になる子供たちが、交通事故等に遭わないように気をつけて、これから小学校に通学してもらいたいです。反射キーホルダーもランドセル等に取り付け、自分の身を守るよう活用していただきたいです。

この啓発品は、免許更新時に加入していただいた交通安全協会費を活用し、購入させて頂きました。クリアファイル・反射キーホルダーは市内の小学一年生全員に配布します。

阿幸地クラブで交通安全教室を実施しました
2021-03-16

 3月17日(水)阿幸地区公会堂において、高齢者を対象に交通安全教室を実施しました。

 写真や動画などを使用し、安全な横断方法等について話をしました。参加者は、交通安全指導員の話に熱心に耳を傾けてくれていました。

 その後、俊敏性測定器「クイックキャッチ」を体験し年齢に伴う身体機能の変化を実感していました。

大中里こども園にて交通安全教室を行いました
2021-03-10

3月5日(金)当地区支部交通安全指導員は、大中里こども園にて交通安全教室を実施しました。

年少・年中児は講話を聞き、正しい道路の歩き方、車に乗る時はチャイルドシートに座り、シートベルトをするよう約束しました。年長児は、小学生になるに向けて、交通ルールを再確認した後、傘のさし方についても学びました。また、園周辺道路を歩く練習をしました。一人で道路を歩き、緊張した様子で車が来ないか、安全確認をして道路を渡ることができました。

今回の交通安全教室で学んだことを活かし、交通事故に遭わないように、元気に過ごしてください!!

大岩明倫保育園にて交通安全教室を行いました
2021-03-11

3月11日(木)当地区支部交通安全指導員は、大岩明倫保育園にて年長児を対象に交通安全教室を実施しました。

道路を歩く時の交通ルールを再確認した後、傘をさす練習を行いました。また、園周辺道路を歩く練習をして、信号交差点を横断、また住宅の駐車場の車の出入りがないかなど、一人ひとりよく見て歩くことができました。

『自分の命は、自分で守る』ことを合言葉に、小学校入学までに通学路を歩く練習をして、立派な1年生になってください!

富丘こども園で歩行交通安全教室を行いました
2021-03-10

3月10日(水)当地区支部交通安全指導員は、富丘こども園において年長児を対象に歩行交通安全教室を行いました。

はじめに、遊戯室にて道路の歩き方・渡り方・駐車場の通り方などを勉強しました。園児たちは、指導員の質問に対して元気よく答えてくれました。

講話後は、3つのグループに分かれ園周辺道路を歩く練習をしました。園の前の道路は交通量が多く、横断歩道や駐車場、脇道があったら指導員と一緒に「止まる・見る・待つ」を意識して歩きました。歩行後、園児からは「緊張した」「ドキドキした」と声が上がりました。

年長児のみなさん、これからも道路を歩く時には緊張感を持って歩いて下さい!そして、小学生になるまでに傘の練習・通学路を歩く練習をたくさんしておきましょう。

TOPへ戻る