本文へ移動

静岡中央地区支部

静岡県交通安全協会静岡中央地区支部長       杉山智彦
 昨年の県下の人身交通事故につきましては、件数、負傷者、死者ともに減少しました。
 しかし、静岡中央地区支部が活動拠点とする葵区におきましては、件数、負傷者は減少したものの死者は6人で、前年の2人に比べると増加しました。
 
 
  
 
 静岡市葵区内の令和元年中の人身交通事故発生状況は次のとおりです。
区  分 平成30年 令和元年
件(人数) 昨年比 件(人数) 昨年比
発 生 件 数 1,711件 -5件 1,461件 -250件
死  者 2人 -8人 6人 +4人
負 傷 者 2,058人  +6人 1,746人 -312人

 葵区内の人身交通事故の特徴をみますと、類型別では「追突事故」、「出会頭事故」の順で多く、次いで、「右左折時事故」となっており、これらの事故で全事故の約72%を占めております。事故の当事者別では、特に「高齢者事故」、「高齢運転者事故」、「自転車事故」、「若者起因事故」が全事故に占める割合が多い状況にあり、また、前年に比較し、「高齢者事故」、「自転車事故」、「若者起因事故」の件数が減少しております。なお、「自転車事故」は、県下では全事故に占める自転車事故の割合が約15%であるのに対し、葵区内では約26%と高くなっております。
 当地区支部では、会員の皆様から頂いた交通安全協会費(年会費400円 免許証有効期間3年の方は1,200円、 5年の方は2,000円)を、会員ご本人様やご家族、ご親戚の皆様を悲惨な交通事故から守るために有効に活用し、交通安全指導員を派遣しての幼(園)児、小中高校生を対象とした交通安全教室や通勤通学時間帯の街頭指導、高齢者対象の交通安全講習や訪問指導、交通安全協会の役員や女性部による街頭広報啓発活動での交通事故防止の呼び掛けなどを実施し、引き続き、警察、行政機関、関係団体と連携して交通安全活動を推進してまいります。
 今後とも、交通安全協会に対しまして深いご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

決算報告

地区支部からのお知らせ

交通安全活動協力店による各種割引等の優待

当協会の交通安全活動にご協力いただいているお店で割引購入などの優待をご利用いただけます。
会員証を提示し、お買物などをされますと、割引購入やポイントアップなどの優待が受けられますのでぜひご利用ください。
まだまだ協力店を拡大中です。
※内容は最新に努めておりますが、予告なく変更になる場合がございます。ご利用の際は、一度店舗にご確認ください。

平成30年 静岡市の交通事故統計

 静岡県交通安全協会静岡中央地区支部・静岡南地区支部・清水地区支部では、平成30年静岡市の交通事故統計を作成しました。
静岡市内の交通事故発生状況や交通死亡事故発生場所等・ワンポイントアドバイス等を掲載してありますので、ぜひご覧下さい。

所在地

静岡市葵区追手町6-1
TOPへ戻る