大仁地区支部

支部長あいさつ

 交通安全協会大仁地区支部の会員の皆様方には、当協会の交通安全活動や街頭活動等に深いご理解と、ご協力力を賜り心からお礼と感謝を申し上げます。
 さて、昨年中の静岡県下の交通事故の発生状況は、件数及び、負傷者数は減少したものの、死者数は153人で、一昨年より10人も増加しました。
 そこで、交通安全協会大仁地区支部管内の人身事故の発生状況をみますと、発生件数606件で(-10件)減少しましたが、負傷者数は876人で(+12人)増加でした、しかし、死者数は4件で(-3件)減少でした。
 管内での発生の特徴は、追突事故と交差点での出合頭事故が最も多く、次に、横断中の事故の発生、更に65歳以上の高齢者が起因する交通事故は243件で約40.0パーセントと目立っています。
 これらの交通事故の原因をみますと、脇見運転・漫然運転の前方不注視等による事故が最も多く、続いて、交差点での一時不停止・徐行不履行・左右の安全不確認等による交通ルール無視が事故の要因となっております。
 高齢者事故の特徴をみますと、夕暮れ時から夜間にかけての歩行中(横断中含)の事故が相変わらず多いことから、今後も「自発光式反射材」等の着用の推進を積極的に広報し、昨年と同様に高齢者事故防止を最重点課題に挙げ、各地区で行われている「サロン」での交通教室の開催等、様々な高齢者対策に取り組んで参りたいと考えております。
 最後に、今後も当支部役員、交通安全指導員をはじめ、各地区で活動している各分会役員のほか、会員の皆様方におかれましても、「安全安心」のための交通事故防止活動への、引き続きのご尽力とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

決算報告

ホームページリニューアル前の活動状況

平成30年2月

(2018-04-16・1059KB)

平成30年3月

(2018-04-16・417KB)

所在地

伊豆の国市大仁680-1
一般財団法人 静岡県交通安全協会
〒420-0839
静岡市葵区鷹匠2丁目5番7号
TEL:054-251-4765
FAX:054-251-4779