本文へ移動

年末の交通安全運動

 下記のとおり年末の交通安全県民運動が実施されます。

 年末は飲酒の機会が増えることによる飲酒運転の増加が懸念されます。
 飲酒運転は運転者本人や同乗者、お酒や自動車などの提供者が厳しく罰せられるだけでなく、その後の人生を大きく狂わせる結果になります。一人ひとりが「飲酒運転を絶対にしない、させない」ことを徹底し、飲酒運転を根絶しましょう。

期間

令和元年12月15日(日)から12月31日(火)までの17日間

目的

県民一人ひとりが、自らの交通安全に関する意識を高め、交通ルールの遵守と交通マナーの実践に努めることにより、交通事故防止の徹底を図ることを目的とします。

スローガン等

スローガン 安全を つなげて広げて 事故ゼロへ
運動の重点
 
  1. 子供と高齢者の交通事故防止
  2. 夕暮れ時から夜間の交通事故防止
    ~「自発光式等の反射材用品」の活用と「早めのライトオン」・「ハイビームの活用」の実践~
  3. 「静岡県自転車条例」の周知
  4. 飲酒運転の根絶
  5. 各市町交通安全対策協議会等が決定する事項
 

主要行事

行事名 実施日 内容
運動事前広報・街頭指導の日 13日(金) 本運動の実施を事前広報するとともに、街頭における交通指導等を行い、運動期間中に実施する各種活動への取組意識を高める。特に、夕暮れ時から夜間の交通事故防止に向けた活動を実施します。
夕暮れ時から夜間にかけての歩行者保護対策強化の日 16日(月) ドライバーに対し、「早めのライトオン」及び「横断歩行者保護意識の醸成」を図るとともに、歩行者には、「反射材の着用や照明具の活用」、「横断歩道の利用促進」を呼び掛けます。
飲酒運転根絶の日 20日(金) 飲酒運転の悪質性・危険性及び交通事故の悲惨さを訴えることで県民の規範意識を高めるとともに、飲食店等における運転者への酒類提供の禁止を徹底させ、「飲酒運転をしない・させない」環境づくりを推進し、飲酒運転根絶の気運の定着を図ります。
TOPへ戻る