本文へ移動

静岡南地区支部

活動状況

東豊田中学校 自転車交通安全教室
2024-07-03

6月27日(木)、東豊田中学校において、全校生徒を対象に自転車交通安全教室を実施しました。

今回はリモートでの交通教室となりましたが、自転車のルールについて、各クラスで質問に答えながら参加をしてくれました。

東豊田中学校周辺は狭い道や坂道があり、危険な場所が多くあります。止まることや安全確認をしっかり行うことで、交通事故を防ぐことができます。皆さんの大切な命を守れるのは自分自身です。悲惨な交通事故の被害者にならないように、これからも交通ルールを守って自転車に乗りましょう。

認定こども園るり幼稚園 歩行交通安全教室
2024-07-02

6月25日(火)、るり幼稚園において、全園児を対象に歩行交通安全教室を実施しました。

園児達は「とら吉くん」と一緒に、歩く時の約束を聞き、とら吉くんに正しい渡り方を教えてくれたり、一緒に横断練習をしたり、楽しく交通ルールを学ぶことができました。

その後、模擬信号の横断練習をしました。どの学年も手を高く上げて、車が来ないか顔を動かして安全確認をすることができました。

これからも、お散歩に行くときや、お家の人と歩くときは自分で安全をよく確かめてから渡りましょう。
認定こども園やよい幼稚園 歩行交通安全教室
2024-07-02
 6月26日(水)、認定こども園やよい幼稚園において、年長児を対象に歩行交通安全教室を実施しました。
 講話の中で、歩き方や横断方法などを質問すると、しっかりと答えることができました。園周辺での歩行練習では、お友達に頼らず自分の目でよく見ることができました。
 自分で判断して横断を始めることにまだ不安そうな様子もありました。自信を持って横断できるよう、おうちの人と一緒に横断練習を頑張ってください。
久能こども園 歩行交通安全教室
2024-07-01
 6月24日(月)、久能こども園において、年少児と年中児を対象に歩行交通安全教室を実施しました。
 はじめに、正しい歩き方や渡り方のお話をしました。園児は、道路の真ん中を歩くことや広がって歩くことに対して「ダメ」とはっきり答えており、危険な行動をよく理解していました。
 教室で横断練習を行った際には、右手を上げて左右をよく確かめてから渡ることができました。
 久能こども園の近くには、狭い道が多く、車とのすれ違いが危険な場所もあります。外を歩くときは、必ずおうちの人や先生と手をつなぎ、離さないようにしましょう。
認定こども園やよい幼稚園 歩行交通安全教室
2024-06-28
 6月24日(月)、認定こども園やよい幼稚園において、年少児を対象に歩行交通安全教室を実施しました。
 歩く時の約束を勉強した後、ホールにて横断練習をしました。自分でやってみようという意欲があり、「止まる」「手をあげる」「見る」ことを一生懸命やってくれました。
 幼稚園の周りは、道が狭くても車や自転車がたくさん通ります。「おうちの人と手をつないで歩く」ことを守って、気をつけて歩きましょう。
アイグラン保育園国吉田 歩行交通安全教室
2024-06-28
 6月20日(木)、アイグラン保育園国吉田において、年少児から年長児を対象に歩行交通安全教室を実施しました。
 年少児・年中児は、講話後園庭で横断練習をしました。青信号でも慌てずによく見て横断することができました。年長児は園周辺の道路をグループごと歩きました。カーブや出入りの多い駐車場、見にくい交差点等、危ないところがたくさんありましたが、「どこを見たら良いか」「車の音はしないか」など、自分の力で安全に歩行や横断をすることができました。
 先生やおうちの人と一緒にたくさん歩いて、上手に横断できるようになってください。
城山中学校 自転車交通安全教室
2024-06-28

6月19日(水)、城山中学校において、中学1年生を対象に自転車交通安全教室を実施しました。

乗る機会が増える自転車の交通事故を防ぐために、生徒たちは自転車の交通ルールを復習し、危険な乗り方や違反行為について勉強しました。

実験では、自転車通行可の歩道や一時停止の交差点での危険走行を再現し、どこが危険なのか、どうしたら安全に走行できるかを考えました。

 交通事故の多くは交差点で発生しています。一時停止場所では、「止まって・確認」を徹底し、交通事故に「遭わない・起こさない」ようにしましょう。
国際研修援護会 自転車交通安全教室
2024-06-28

 

6月17日(月)、国際研修援護会において、外国人を対象に自転車交通安全講習会を実施しました。

インドネシアの自転車ルールと日本の自転車ルールを比較しながら、日本の正しい自転車の走り方や違反行為などを学びました。

ルールに違いが多くあり、驚く様子もありましたがメモを取りながら真剣に話を聞く様子が見られました。

日中だけではなく夜間も自転車に乗る事があるとのことで、講話後、自転車の反射材を配付しました。

日本のルールを正しく守り、交通事故に遭わない・起こさないようにしましょう。

静岡県立大学短期大学部社会福祉学科介護福祉専攻 交通安全講習会
2024-06-28

6月25日(火)、静岡県立大学短期大学部において、介護福祉専攻の1年生を対象に交通安全講習会を実施しました。

学生は、交通事故の状況や自転車のルールについての話を聞き、交通事故の加害者になるとどうなるのかをDVDを見ながら考えました。

 自転車は乗り方を間違えると凶器になります。自転車のルールをしっかり理解し、守って乗りましょう。交通事故は被害者・加害者そして家族までもがつらい思いをします。少しの油断が大きな事故につながり、人生を大きく変えてしまいます。今後も事故がないように普段から意識をしましょう。
川原小学校4年生自転車交通安全教室
2024-06-26

5月28日(火)、川原小学校において、4年生を対象に自転車の交通安全教室を実施しました。始めに、教室で交通ルールを学びました。3年生でも交通教室を実施しており、そこで学んだことを思い出しながら、児童たちは積極的に質問に答えてくれました。また、「何が危険なのか」「どうすれば交通事故を防げるか」など交通ルールを守ることと危険予測をすることが大事であることを理解できました。

その後、DVDで自転車も加害者になり得ることを学び、交通安全の意識が高まりました。

小学生の皆さん、自転車も間違った乗り方をすれば、誰かの命を奪ってしまうこともあります。交通ルールを守り、思いやりをもって自転車に乗りましょう。
TOPへ戻る