本文へ移動

浜松中央地区支部

活動状況

園児からの感謝の色紙
2019-02-06
 平成31年2月4月(月)中区広沢1丁目の普済寺幼稚園において、卒園を控えた年長さんから交通安全指導員宛てに、お礼の言葉が寄せられた色紙をいただきました。交通安全教室は保護者役員の協力で毎年3回行われ、本日の幼稚園での最後の教室では安全に小学校に通えるよう、入学前の交通安全に対する心構えを学んでもらい交通安全意識の高揚を図りました。
NPO アラッセ(外国人就学前支援団体)交通教室
2019-02-06
 平成31年2月1日(金)日本の公立学校就学前のブラジル人等の外国人の子どもに対し、交通安全教室を行いました。
 外国人交通安全教育指導員がポルトガル語で、歩行者・自転車の通行方法についてパワーポイントを活用して話し、子ども達に日本の交通ルールを覚えてもらいました。
 その後、模擬道路で横断歩道の渡り方や一時停止交差点の通行方法などの実践指導を行い、道路の安全な通行方法が習慣化されるように交通事故防止を呼び掛けました。
日本の交通ルールを覚えて、安全・安心
2019-02-05
 平成3122日(土)中区早馬町のクリエート浜松において、浜松市多文化共生センター主催の交通安全講習会が行われ、ブラジル人を対象に県警の外国人交通安全教育指導員が母国語で日本の交通ルールを説明しました。また、ゲーム感覚で行える交通安全教育器機の体験や飲酒ゴーグル着用体験を通じ、交通安全意識を高めてもらいました。受講者から日本のルールについての質問もあり、「初めて受講したが、貴重な体験だった。」と大変喜ばれました。
あなたの反射神経は、どうですか?
2019-02-05
 平成31年1月21日(月)西区神原町の神久呂協働センターにおいて、浜松中央警察署及び西区まちづくり推進課とともに、センター主催の講座ふれあい大学の高齢者を対象とした交通安全講習会を実施しました。
 参加者の多くは日頃運転をしており、俊敏性を測定する交通安全教育機器を体験してもらい、自身の身体能力の低下を自覚すると、「道路では慎重な行動をとって、交通事故を防ぎたい。」等の感想がありました。警察署員から運転の段階的な自粛と免許証の返納を考慮した交通事故防止を呼び掛け、参加者の交通安全意識の向上を図りました。
県内死亡事故連続発生 要注意!
2019-02-05
 平成31年1月21日(月)西区大人見町公民館において、浜松中央警察署及び西区まちづくり推進課とともに、地域の高齢者を対象とした交通安全講習会を行いました。
 県内では交通死亡事故が7件連続発生し、その内6件が高齢者事故であることや夜間の発生が4件であること等の特徴を説明し、参加者に危機感を持ってもらいました。また、西区役所から自発光式反射材が配られると、参加者からは、「早速、身に付けて明るく照らして、存在をアピールしていきたい。」との声が上がり、交通安全意識の高揚が図られました。
今年も安全に登校しましょう!早朝街頭広報
2019-02-05
 平成31年1月15日(火)・16日(水)早朝、西区の浜松市立神久呂中学校正門前で、同校の先生とともに登校する生徒に対する交通安全指導を行い、生徒の安全な横断を誘導しました。
 新年、新学期が始まって間もなく実施したことから、生徒はもとより道路利用者に対しても緊張感を与え、交通安全意識が新たに高められる活動となりました。
今年も無事故で
2019-02-05
 平成31年1月7日(月)西区大山町のケアハウスヴィラ東山苑において、西区まちづくり推進課とともに高齢者を対象とした交通安全講習会を実施しました。
 参加者は、俊敏性を測定する交通安全教育機器を体験し、自身の身体能力の低下を自覚すると、「道路では慎重な行動をとって、交通事故を防ぎたい。」等の感想があり、今年最初の交通安全講習会を受け、改めて交通安全意識を高めていました。
あなたを思いやるハートフルナイト☆
2018-12-28
 「年末の交通安全県民運動」期間中の平成30年12月25日(火)夕方、西区舘山寺町のはままつフラワーパーク内において、フラワーイルミネーションを見に訪れた家族連れなどを対象に、警察官・交通巡視員・西・中区役所職員・安全運転管理協会役員と共に、夜間の交通事故防止を呼び掛けました。
 自発光式反射材や5色の人型パネルを展示し、夜間は反射材や明るい色の服装を着用することが交通事故防止につながることを理解してもらい、その場でリボン型自発光式反射材を来場者のバッグなどの持ち物に取り付け、交通安全意識を高めてもらいました。
「交差点事故 削減!」街頭広報
2018-12-26
 「年末の交通安全県民運動」期間中の平成30年12月21日(金)、交通事故多発交差点である中区の新津町交差点において、交通事故の削減を図る「セーフティファースト街頭広報」が実施されました。安全運転管理協会役員がのぼり旗を掲出する中、警察官と交通安全指導員が警笛を活用しドライバーに交差点の安全な通行を促し、歩行者の横断を誘導しました。
 また同時に、同交差点付近のフィールハミング店頭では中区役所職員や地元分会役員が啓発品を来客に手渡し、年末の交通事故防止を呼び掛け交通安全意識の高揚を図りました。
冬休みを安全に過ごすためにin城北小学校
2018-12-26
 平成30年度交通安全教育推進小学校に指定されている浜松市立城北小学校において、2学期終業式の平成30年12月21日(金)警察官、交通安全指導員・分会役員及び中区役所職員が児童に対し、冬休み中の交通事故防止を呼び掛けました。
 また、クリスマスにちなんで「車に気をつけてね。」「道路に飛び出さないでね。」と、声を掛けながらチラシと反射材セットのプレゼントを代表児童へ贈呈をしました。
 冬休みに入っても油断しないよう緊張感を与え、交通安全意識の高揚を図りました。
一般財団法人 静岡県交通安全協会
〒420-0839
静岡市葵区鷹匠2丁目5番7号
TEL:054-251-4765
FAX:054-251-4779
 
TOPへ戻る