本文へ移動

浜松中央地区支部

活動状況

冬休みを安全に過ごすために
2021-01-04

 2学期終業式において今年度交通安全教育推進モデル小学校に指定されている小学校3校の全校児童に対し、それぞれ冬休み中の交通事故防止を呼び掛けました。

 令和2年12月23日(水)浜松市立葵西小学校では、校内テレビ放送を活用し教室にいる児童に対し、信号の3色を使った手品を見せ信号の色の意味のおさらいや、横断時の「止まる・見る・待つ」の徹底など冬休み中の交通事故防止を呼び掛けました。

 また、12月25日(金)には浜松市立県居・追分小学校においても同様に啓発し、冬休みに入っても油断しないように緊張感を与えることができ、交通安全意識の高揚が図られました。

東上池川自治会街頭活動
2021-01-04
 「年末の交通安全県民運動」期間中の令和2年12月25日(金)早朝、中区東上池川自治会主催の街頭広報が実施されました。小・中学生や自転車通学者等が多数通る幹線道路において、自治会役員・中区役所職員がのぼり旗を掲げ、交通安全指導員や警察官が自転車や歩行者の安全な通行を誘導しました。
 交通事故が多発する通勤通学時間帯に実施することで、多くの道路利用者に対し効果的な広報となり、浜松市の運動の重点である「歩行者の安全確保と自転車の安全利用」「通勤・通学時の交通事故防止」が図られました。
「メリークリスマス・交通安全で全集中!」広報啓発活動
2021-01-04
 令和2年12月21日(月)から25日(金)まで、「しずおか・交通マナーアップ作戦」の広報啓発用に反射材付きクリスマスツリーを浜松中央警察署1階入り口に展示し、夕方から夜間の交通事故防止を呼び掛けました。
 24日(木)には、当支部交通安全指導員が信号色(赤・黄・青)のサンタクロースに扮して、交通安全チラシと反射材・自発光式反射材等をラッピングした啓発品(約100セット)を来庁者にプレゼントすることで、市民の交通安全意識が図られ効果的な広報活動を行うことができました。
外国人対象の自転車参加体験型交通安全教室
2021-01-04
 「年末の交通安全県民運動」の重点目標のひとつである“自転車の安全利用”を図るため、令和2年12月21日(月)中区萩丘のアスネット協同組合に所属する、ミャンマー人(2名)の外国人研修生を対象とした自転車の交通安全教室を行いました。
 組合内で通訳の協力のもと座学講習を行った後、付近を交通安全指導員が自転車で先導し、一時停止場所や信号交差点の通行方法及び自転車歩道通行可内の走行方法等を実践指導することで、日本の基本的な交通ルールを理解してもらえ受講者の交通安全意識の高揚が図られました。
高校生登校指導
2020-12-22
 令和2年12月18日(金)、「年末の交通安全県民運動」の重点の1つである自転車の安全利用を図るため、静岡県自動車学校浜松校と静岡県立浜松商業高等学校主催の登校指導が実施されました。中区文丘町の浜松商業高等学校東門では代表生徒がのぼり旗を掲げ、登校中の高校生に安全な通行を呼び掛け、交通安全指導員と警察官及び自動車学校職員が門前の横断歩道で歩行者や自転車が安全に通行できるよう誘導しました。
 この日は同時間帯に各クラスの代表生徒50人が学校近くの交差点8ヶ所に分かれて、東門と同様の活動を通し高校生だけではなく朝の通勤通学のドライバーや歩行者の交通安全意識の向上を図ることができました。
「飲酒運転根絶」街頭広報
2020-12-22
「年末の交通安全県民運動」期間中の令和2年12月18日(金)夕方、当地区支部城北分会主催の街頭広報が実施されました。
 分会内の交通量の多い交差点に分会役員・交通安全関係団体役員約40人がのぼり旗を掲げ、警察官と交通安全指導員が自転車・歩行者に対し安全に通行できるように誘導しました。飲酒の機会が増える師走に呼び掛けを行うことで、市民の規範意識が図られ効果的な広報活動を行うことができました。
お元気な皆さんに交通安全講習会
2020-12-22
 「年末の交通安全県民運動」期間中の令和2年12月15日(火)~18日(金)の4日間、中区板屋町の「ふれあい交流センターいたや」において、同好会等に訪れた利用者に中区役所職員とともに交通事故防止を呼び掛けました。初日の15日には、交通安全指導員による寸劇「70歳の青春」を通して楽しみながら交通安全について学ぶことで交通安全意識の向上を図りました。
 利用者は普段外出する機会が多いため、交通事故にあうリスクが高いことを自覚してもらうとともに、夕暮れ時の早めの帰宅、外出時は自発光式反射材を着用し交通事故防止に努めてもらうよう呼び掛けました。
地域で守る通学路
2020-12-22
 「年末の交通安全県民運動」期間中の令和2年12月16日(水)・17日(木)・18日(金)の通学時間帯に合わせ、浜松市立中部学園通学路の主要交差点4箇所において交通指導を行いました。地元の北分会役員はのぼり旗を掲げ、交通安全指導員とともに児童の安全な横断を誘導しました。
 いずれの交差点も通勤・通学の車や自転車の交通量が大変多く道路利用者の関心も引き安全行動促進を図る活動となりました。
地元地域から「安全で安心な交差点」を願い街頭活動
2020-12-22
 「年末の交通安全県民運動」期間中の令和2年12月17日(木)早朝、中区和合町自治会主催の街頭広報が実施されました。
 自治会内の交通量の多い交差点に自治会役員約30人がのぼり旗を掲げ、警察官や交通安全指導員が自転車・歩行者に対し安全に通行できるように誘導しました。
 また、多くの道路利用者に交通安全運動の周知徹底と、交通安全意識の向上を図ることができ効果的な活動となりました。
「しずおか・交通マナーアップ作戦」広報ポスター作成・掲示
2020-12-22
 静岡県警察では令和2年10月から12月までの3ヶ月間「しずおか・交通マナーアップ作戦」と銘打ち、自動車運転者のみならず、全ての道路利用者に対し基本的な交通マナーの向上を図る交通死亡事故防止対策を推進していることから、当地区支部は、広報用に同作戦のポスターを作成し浜松中央警察署内一階掲示板に掲示しました。
一般来庁者に広く広報して、市民の交通安全意識の向上を図っています。
TOPへ戻る