本文へ移動

浜松中央地区支部

活動状況

夏休み 安全に過ごしてネ!!
2020-08-04
 令和2年7月31日(金)本年度交通安全教育推進モデル小学校3校(浜松市立追分・県居・葵西小学校)児童に対し、当地区支部交通安全指導員が夏休み中の交通事故防止を呼び掛けました。
 追分小学校では、校内テレビ放送を使用して交通安全指導員から「おいわけ」の頭文字をとって、夏休み中も交通ルールを守り安全に過ごすことや、家族で車に乗って出かけるときには、後部座席でもシートベルトの着用をお願いし、児童の交通安全意識の高揚を図りました。
交通安全のぼり旗でラッピング広報
2020-08-03

 バレーボール“東レアローズ”の選手が、ブロックポーズをした交通安全のぼり旗「交通事故をブロック!宣言」を、ホワイトボードにラッピングし、浜松中央警察署玄関に展示広報しています。免許証の更新等で来庁の際には、是非足を止めてご覧下さい。また、国道152号線に面した浜松中央警察署の敷地内にものぼり旗を掲出し、来庁者だけでなく、道路利用者に広く広報して、市民の交通安全意識の向上を図っています。

 しかし、脇見運転には十分注意してください。
飲酒運転根絶!街頭広報
2020-08-03
 夏の交通安全県民運動の統一主要行事「飲酒運転根絶の日」の、令和2年7月17日(金)中区の公園前交番北交差点において、当地区支部城北分会主催の街頭広報が・自治会役員及び浜松中央警察署警察官等とともに行われました。新型コロナウイルス感染への警戒のため、自宅での飲酒の機会が増える中、役員が飲酒運転根絶等ののぼり旗を掲げ「飲んだら乗らない!乗るなら飲まない!飲ませない!」ことを呼び掛けることで市民の規範意識を図りました。
また、交通安全指導員と警察官は歩行者や自転車の安全な横断の確保をするとともに、一般通行車両に交通ルールを遵守した運転を注意喚起し交通安全意識の向上を図りました。
今日も安全運転で子供の送迎
2020-08-03
 令和2年7月17日(金)中区中央の浜松市子育て情報センターにおいて、浜松中央警察署とともに浜松市ファミリーサポートセンター登録のドライバーに対して、交通安全講習会を開きました。講習会では、警察官から最近の交通事故状況や改正道路交通法のあおり運転についての講話のあと、当地区支部交通安全指導員から子供の交通事故や特性についての講話、個々の俊敏性を測る機械の体験をしてもらいました。
参加者は、日頃、車で子供を送迎しており、「子供の特性や自己の俊敏性を理解した上で、危険を予測した運転に心掛けることで、交通事故防止に繋がることが理解でき、今後の安全運転の参考にしたい。」と好評で交通安全意識の高揚が図られました。
高齢者宅訪問活動
2020-08-03

「夏の交通安全県民運動」期間中、高齢者の交通事故防止を図るため、中区住吉地区において、突撃高齢者宅訪問活動を実施しました。訪問時には、コロナウィルス感染症対策を講じながら交通事故防止対策をアドバイスし、了承を得た方には近くの横断歩道を交通安全指導員の指導の元安全に横断していただき、実際に体験することで交通安全意識を高めてもらいました。

 

「自転車安全利用促進モデル地区」指定式
2020-08-03
 自転車事故防止を図るため、浜松中央警察署と交通安全協会浜松中央地区支部は「自転車安全利用促進モデル地区」に、住吉地区を指定し、令和2年7月16日(木)浜松中央警察署において交付式を行いました。署長が指定証を自治会長へ、支部長がのぼり旗を副自治会長へ渡し、指定証を受け取った自治会長は、「自分と他人の命を守る意識を住民に持ってもらえる啓発を進め、交通安全意識を高めていきたい。」と抱負を語りました。
園内放送交通安全教室
2020-07-29
 「夏の交通安全県民運動」最終日の令和2年7月20日(月)子供の交通事故防止を図るため、間もなく夏休みに入る中区富塚町の富塚幼稚園において、コロナウィルス感染症対策を講じ園内放送を活用して交通安全教室を行いました。園内放送から聞こえてくる交通安全指導員からの呼び掛けに園児は各保育室で、元気よく答え交通ルールの知識があることをアピールしていました。
 また、園児には「飛び出し」の事故を防止するため、歩行訓練を行う体育館に向かう際、道路を横断する前にしっかり止まることを徹底させることで交通安全意識が高められました。
地域で守ろう通学路
2020-07-21
 「夏の交通安全県民運動」期間中の令和2年7月14日(火)・15日(水)・16日(木)の通学時間帯に合わせ、浜松市立中部学園通学路の主要交差点4箇所において交通指導を行いました。地元の北分会役員が横断旗を使用し当地区支部交通安全指導員とともに、児童の安全な横断を誘導しました。
 いずれの交差点も車や自転車の交通量が大変多く通勤途中のドライバーの関心も引き、道路利用者の安全行動促進を図る活動となりました。
自転車のマナーアップ街頭活動
2020-07-14

 「夏の交通安全県民運動」における重点目標である自転車と二輪車の安全利用の推進を図るため、令和2年7月13日(月)早朝、中区和合町自治会主催の街頭広報が実施されました。自転車通学者や通勤のドライバーが多数行き交う幹線道路の和合町交差点において、自治会役員・中区役所職員約20人がのぼり旗を掲げ、警察官や交通安全指導員が自転車・歩行者の安全な通行を誘導しました。

 多くの道路利用者に交通安全運動の周知徹底と、交通安全意識の向上を図ることができ効果的な活動となりました。
親子交通安全教室
2020-07-14
 「夏の交通安全県民運動」の前日令和2年7月10日(金)子供の交通事故防止を図るため、中区助信町のひくま幼稚園において、当地区支部交通安全指導員は園児とその保護者を対象とした交通安全教室を行いました。親子別室で交通安全指導員の講話指導を受けた後、親子で室内に設置した横断歩道を信号の色を見て渡る練習をしました。
 間もなく夏休みに入り園児は家庭で過ごす機会が増えることから、親子で交通安全指導を受けてもらうことにより、家庭での交通安全指導の大切さを伝えることができ交通安全意識が高められました。
TOPへ戻る