本文へ移動

天竜地区支部

支部長あいさつ


 交通安全協会天竜地区支部長の長谷川智彦でございます。
 日頃皆様方には、天竜地区支部の運営や交通安全諸活動にご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございます。
 令和2年度の天竜警察署管内の人身交通事故発生状況は、
   ○発生件数   88件  (前年比 -30件)
   ○負傷者数  108人  (前年比 -27人)
   ○死者数     0人  (前年比 - 1人)
となり、前年と比較してそれぞれ減少していますが、浜松市は、全政令指定都市の中で人口10万人当たりの人身交通事故発生状況が、連続してワースト1という状況が続いていますし、県内での死者数は前年より増加となっています。
 天竜区内の事故の特徴として、高齢者が加害者や被害者になる事故の発生率が高く、また、山間地を中心にスピードの出し過ぎ等による正面衝突や路外逸脱事故が多く発生しています。
 天竜地区支部では、高齢者の交通事故防止対策を重点に、運転者に対するスピード抑止や早めのライトオン、歩行者に対する道路横断時の安全確認の徹底や夜間等の自発光式反射材の活用促進を推進し、悲惨な交通事故を一件でも減らし、安全で快適な交通社会を実現するために、役員、協会員が一丸となって交通安全活動に貢献してまいります。
 会員に皆様から頂いている交通安全協会費は、チラシやポスター・広報誌の作成や各種反射材の購入等に使用し、交通安全指導員による園児や小・中・高校生及び高齢者等に対する交通安全教室や各種イベントにおける広報活動時に配布し、交通安全意識の向上に努めております。
 今後とも、交通安全協会の諸活動に対しまして、一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

決算報告

活動状況

所在地

浜松市天竜区二俣町阿蔵8-3
TOPへ戻る