本文へ移動

牧之原地区支部

支部長あいさつ

 平素から交通安全協会牧之原地区支部の運営、交通安全活動について深いご理解とご協力を賜り、厚くお礼を申しあげます。
 平成30年中の牧之原警察署管内の人身交通事故の発生件数は413件(昨年対比-35件)、死者数0人(昨年対比-1人)、負傷者数534人(昨年対比-72人)といずれも減少しました。
 その中、65歳以上の高齢者が起因する事故は83件で、昨年より-20件と大きく減少したものの、依然として多い現状にあることから、参加体験型の高齢者交通教室、夜間出歩く際の反射材の着用、とりわけ自発行式等の反射材用品の活用を重点とした高齢者の事故防止対策を積極的に推進していきます。
 さらには子供の交通事故防止・自転車の交通事故防止・飲酒運転の根絶も重点目標とし、悲惨な交通事故を1件でも減らすべく、関係機関、団体と連携し、誰もが安全で安心を実現できる住みよい榛南地域を目指したいと考えています。
 交通安全協会は、皆様から頂いた会費で各種交通安全活動を行なっていますので、今後ともご支援ご協力を賜りますよう心からお願い申し上げます。

決算報告

活動状況

所在地

牧之原市細江2737
TOPへ戻る