本文へ移動

牧之原地区支部

活動状況

須々木お元気クラブ交通安全教室
2019-08-13
 

8月7日(水)相良区の須々木区民館にて須々木お元気クラブの交通安全教室を実施しました。

道路横断中や交差点での出会い頭事故防止を中心に講話を行い、認知・判断・操作の遅れが道路上での危険行動につながる事を全員で確認しました。

交通教室終了後、お元気クラブの方が用意して下さった七夕の短冊に「交通安全」と書き、交通事故防止の願いを込め笹の葉に結びました。
園児散歩コース安全点検を兼ねた交通教室の実施
2019-08-06
 滋賀県大津市で園児らの列に車が突っ込み、16人が死傷した事故を受け、6月19日(水)当地区支部交通安全指導員と牧之原市建設管理課が実施した相良こども園の散歩コース点検を兼ねた交通教室の様子が「広報まきのはら」7月号に掲載されました。
 広報誌は、牧之原市内全域の17,010世帯に配布されました。
牧之原市生涯学習中央セミナー学習会 交通安全講座
2019-08-01
7月30日(火)牧之原市総合福祉センター「さざんか」において、牧之原市生涯学習中央セミナーの40~80歳代の学級生を対象に当地区支部交通安全指導員が、交通安全講座を実施しました。
初めての交通安全講座開催ということで、学級生はメモを取る等、交通事故の被害者・加害者にならないために真剣に聴講していました。
俊敏性測定器等の体験では、交通場面を想定して体験する姿や体験結果をもとに皆で討論する様子が見られました。
学級生の交通安全意識の高揚を図ることができました。
学校組合立牧之原中学校 自転車交通教室
2019-07-26
夏休みを目前に控えた7月23日(火)の終業式の日に、学校組合立牧之原中学校において、当地区支部交通安全指導員が自転車交通安全教室を実施しました。
中学生は、自分たちの登校の様子を映像で確認し、通行方法が正しいのか考え、また自己の安全だけでなく、他者の安全にも配慮できるよう学びました。
更に、交通事故発生時の対応や自転車の盗難対策についても学習し、夏休みを前に、気を引き締める良い機会となりました。
脳トレ学習塾「大奥の会」高齢者交通安全講習会
2019-07-26
夏の交通安全県民運動の重点目標である高齢者の交通事故防止を目的に、7月19日(金)当地区支部交通安全指導員が牧之原市大寄の古民家「奥の家」において、高齢者交通安全講習会を開催しました。
会員全員が運転免許保有者であることから、自身の身体機能を自覚してもらうため、体験機材等を活用し講習を実施しました。
身体機能の低下は自分が思っている以上だということが確認でき、今後の運転に活かすこと、また、配布した反射キーホルダーをその場で装着し、夜間の交通事故防止に役立てることを誓いました。
静波防災センターで虹の会の交通安全教室を実施しました
2019-07-24
7月24日(水)静波防災センターにて虹の会の交通安全教室を実施しました。
参加者全員、車を運転するため身体機能の低下が及ぼす危険な運転の防止をテーマに話を行いました。
参加体験型機材の体験では、自身の思っている反応時間と実際の反応時間とでは差がある事に驚く方が多く、
今後の運転の参考にし、安全運転を心掛けたいとの声がありました。
あおぞら保育園 交通安全教室
2019-07-23
 7月18日(木)牧之原市あおぞら保育園において、3~5歳児対象に歩行交通安全教室を実施しました。
 交通ルールを確認した後、園庭にて横断歩道や信号を渡る練習をしました。横断する時には止まる・手を挙げる・自分の目で安全確認して横断しました。
 園児達は「道路では遊びません。」「飛び出しはしません。」
「車に乗ったらチャイルドシートに座ります。」と約束しました。
静波海水浴場交通安全啓発キャンペーンを実施しました
2019-07-20
夏の交通安全運動期間中の7月20日(土)に静波海水浴場において、海水浴客を対象に交通安全広報啓発キャンペーンを実施しました。
交通安全光るうちわを配付し、~暑さと交通事故を吹き飛ばそう~を合い言葉に、幅広い年代の方々に交通事故防止を呼び掛けました。
海水浴客からは、「帰る時から安全運転に心がけます」や、「お祭りや花火大会など夜の外出の際に、うちわを活用します 」との声が聞かれ、
夏の行楽シーズンの事故防止の意識付けをする良い機会となりました。
女神すこやかサロン高齢者対象交通教室
2019-07-19
 7月12(金)牧之原市女神公民館において、高齢者を対象に交通安全教室を実施しました。
 道路横断時の注意や、地域柄自動車を運転する方が多いので、事故が多い交差点での注意を中心に講話を行いました。
 また、俊敏性測定器を用い、自身の身体機能を自覚してもらい安全行動につなげていただくよう呼びかけました。
堀之内草の実サロン高齢者交通安全講習会
2019-07-19
 

 夏の交通安全県民運動期間中の716日(火)、全国的に多発している高齢者の交通事故防止を目的に、当地区支部交通安全指導員が牧之原市堀之内公民館において、高齢者交通安全講習会を開催しました。

 参加者に自身の身体機能の低下を自覚させ、安全行動につねげてもらうための体験機材の活用や、認知症予防体操等を実施しました。

 「楽しく交通安全について学べた」「思っている以上に交通事故に気をつけなければ…」などの意見が聞かれ、受講者の交通安全意識の高揚を図ることができました。
TOPへ戻る