本文へ移動

牧之原地区支部

活動状況

第12回静岡県交通安全教育コンクール県大会牧之原チーム3位入賞
2018-10-12
10月9日(火)第12回静岡県交通安全教育コンクール県大会が静岡県警察学校で行われ、10チームの中から見事、牧之原チームが3位入賞しました。
「小学校入学前の新1年生とその保護者に対する交通安全教育」をテーマに、牧之原チームは、小学1.2年生が歩行中飛び出し事故に遭いやすい事を重点とし、保護者の気持ちに寄り添いながら、小学校入学へと成長していく子供に合わせた段階的な指導を行いました。
今後も交通事故防止のため、指導員一丸となり交通安全教育に邁進していきたいと思います。
勝間田保育園交通安全教室
2018-10-05
 平成30年9月27日(木)に、勝間田保育園において3歳から5歳児を対象に交通通安全教室を実施しました。
 雨天のため室内で横断練習を行い、園児は自分の目でよく見ることを学びました。
 また、5歳児には就学に向けて、リュックを背負い、傘を持って歩くことを指導し、全員1年生になる心構えができました。
「秋の全国交通安全運動」初日出発式
2018-10-02
 9月21日(金)吉田町役場町民ホールにおいて、「秋の全国交通安全運動」出発式を実施しました。
 出発式終了後は管内において巡回広報を行いました。
効果的に交通安全を呼びかけ、交通安全運動を周知徹底することができました。
 
平成30年度 交通安全ポスターコンクール第一次審査会
2018-10-02
榛南交通安全対策連絡会が主催する交通安全ポスターコンクール第一次審査会が9月28日(金)牧之原庁舎で行われました。
吉田町・牧之原市内の小学生を対象に毎年実施し、幅広い世代に向けた作品の応募が多数ありました。
応募作品の中から、分かりやすさ・ユニークさ・アピール力等の基準で審査した10作品が10月18日に行われる最終審査に進み、
最優秀賞・優秀賞・佳作が決定します。
橋向さくら会交通安全教室
2018-10-02
9月26日(水)に橋向さくら会の交通安全教室を行いました。
地域がら、参加者の多くが車を運転し反応の遅れを実感することもあるとの声も上がったため、
身体的機能の低下が運転に及ぼす危険や交差点での出会い頭事故防止の話を中心に話を進めました。
参加者全員で俊敏棒を用いて自身の反応力を確認し、危険予測や早めのブレーキの大切さを学びました。
その後、反射鈴キーホルダーを配布し、反射確認ボックスで効果を確認しました。
小さな反射材でもよく光っているとの声が上がり、その場でバックに取り付け夕方から夜間の交通事故防止の意識づけをしました。
新庄憩いクラブ高齢者交通安全講習会
2018-09-27

 9月20日(木)例年、秋口から年末にかけて増加する夜間歩行中の高齢者事故を防止するため、当地区支部交通安全指導員がトーク地頭方において高齢者交通安全講習会を開催しました。

 参加者は、当日配布した反射鈴の効果を反射確認灯で確かめた後、その場でバッグ等に取付け、また今年度新規に購入した「交通安全」や「判断能力」に関する「気づき」をテーマとする‟クイックフィンガー” を用いて楽しみながら交通安全について学びました。

第12回静岡県交通安全教育コンクール方面別予選会の突破について
2018-09-26

 平成30年9月12日(水)に、“小学校入学前の新1年生とその保護者に対する交通安全教育”をテーマとした、「第12回静岡県交通安全教育コンクール方面別予選会(中部方面)」が警察学校で実施されました。

 当地区支部は上位3位内に入賞し、10月9日(火)に行われる県大会に出場することとなりました。

 このコンクールを通し、今後の交通安全教育の技術の向上につなげていきます。

勝間田ほがらかサロン・楽らく倶楽部高齢者対象交通安全教室
2018-09-05
8月28日(木)牧之原市勝間田会館において、高齢者対象の交通安全教室を行いました。
 道路横断時・交差点では「止まる・見る・待つ」を実践することを再確認しました。
 また、反射材鈴キーホルダーを配布し、その場でバックに取り付けて夕暮れから夜間の交通事故防止を呼びかけました。
片浜明老会交通安全教室
2018-09-13
8月30日(木)に片浜明老会の交通安全教室を行いました。
参加者の多くは車を運転するため、俊敏棒を用いて自身の反応時間を確認し、
反応の遅れが運転に及ぼす危険性・早めの危険予測の大切さを学びました。   
反射材鈴キーホルダーを配布し、反射確認灯で効果を確認しました。
小さな反射材でもよく目立ち、効果は大きいとの声が上がり、
その場でバックに取り付け、夕方から夜間における交通事故防止を意識づけました。
笑和会高齢者交通安全講習会
2018-08-30

 8月22日(水)当地区支部交通安全指導員が、細江コミュニティーセンターにおいて高齢者交通安全講習会を実施しました。

 例年、日暮れが早くなる秋口から年末にかけて、夕暮れ時から夜間の高齢歩行者の交通事故が増える傾向にあります。反射材(特に自発光式)の活用と効果的な着用方法を重点に指導し、また、体験機材を用いて身体機能の低下を自覚し、今後の交通行動に活かすことを参加者全員が誓いあいました。
一般財団法人 静岡県交通安全協会
〒420-0839
静岡市葵区鷹匠2丁目5番7号
TEL:054-251-4765
FAX:054-251-4779
 
TOPへ戻る