本文へ移動

掛川地区支部

活動状況

秋の全国交通安全運動が始まりました
2022-09-22
 令和4年9月21日(水)の早朝、掛川市内の主要交差点3箇所において、秋の全国交通安全運動の開始を周知する「初日街頭キャンペーン」が行われました。
 当地区支部の交通安全指導員および各分会役員も参加し、掛川警察署員、掛川市職員、その他各団体役員らとともに、通行車両や通行人に対し安全運転・安全歩行を呼び掛けました。
 道路を利用するすべてのみなさんが決められた交通ルールを正しく守り、悲惨な交通事故を1件でも減らしましょう。

実施期間】令和4年9月21日(水)から9月30日(金)までの10日間
【スローガン】『気を付けよう 知らない道より 慣れた道』
【運動の重点】1 子供と高齢者を始めとする歩行者の安全確保
       2 夕暮れ時と夜間の歩行者事故等の防止及び飲酒運転の根絶
       3 自転車の交通ルール遵守の徹底
       4 自発光式反射材の着用推進
高齢者交通安全教室を行いました
2022-09-22
 令和4年9月16日(金)、当地区支部の交通安全指導員は、北門公民館においてシニアクラブ「北門GC」の会員30人を対象に交通安全教室を行いました。
 会員は、ドライバー、自転車利用者、歩行者が混在していましたが、交差点での事故防止「止まる・見る・待つ」の励行や夕暮れ以降の外出時の注意点などについて伝えると、それぞれの立場で熱心に聞いてくれました。
 9月21日から始まる「秋の全国交通安全運動」に先立って開催したため、会員の交通安全意識も高まったようでした。日頃、外出が多いみなさんでしたので、交通ルールを正しく実践して交通事故防止に努めていただくよう呼び掛けました。
飲酒運転根絶キャンペーン
2022-07-20
 令和4年7月15日(金)、「飲酒運転等危険運転根絶の日」に合わせ、道の駅掛川において飲酒運転根絶キャンペーンを行いました。
 当地区支部の交通安全指導員と女性部員は掛川市職員と共に、道の駅利用者に対し、チラシや啓発品を手渡しながら飲酒運転根絶を呼び掛けました。
 飲酒運転は重大な犯罪です。しかし、飲酒運転による交通事故が未だ後を絶ちません。お酒はたとえ少量でも運動能力や判断力を鈍らせ、重大事故につながります。運転者としての自覚を持ち、飲酒運転は絶対にやめましょう。
 また、お酒を提供した人、車を貸した人、飲酒運転の車に同乗した人も重く処罰されます。家庭・地域・職場ぐるみで飲酒運転をなくしましょう。
自転車事故が増えています!
2022-07-20
 令和4年7月14日(木)の夕方、JR掛川駅周辺駐輪場において、自転車マナー向上街頭啓発活動を行いました。
 当地区支部の交通安全指導員は、掛川警察署員・掛川市職員と共に、駐輪場利用者や駅周辺を走行していた自転車利用者を対象に安全運転を呼び掛けました。
 チラシを示しながら、静岡県では自転車を利用するすべての人が自転車損害賠償保険に加入しなければならないことなどを説明すると、多くの方が頷きながら聞いてくれました。
 今年、掛川警察署管内では自転車事故が多発しています。自転車は車体が小さいため、ドライバーから見落とされることがあります。危険予測をしながら慎重な運転に心掛け、交通事故を防ぎましょう。また、歩行者に対しても思いやりのある運転をお願いします。
交通安全キャンペーンを行いました!
2022-07-15
 令和4年7月13日(水)の午後、MEGAドン・キホーテ掛川店において、買い物客を対象に交通安全キャンペーンを行いました。
 当地区支部の交通安全指導員と女性部員が、掛川警察署員・掛川市職員と共に店舗各入口に分かれ、買い物に訪れた方々に安全運転・安全歩行を呼び掛けながらチラシを手渡しました。
 また、夜間の交通事故防止を呼び掛けながら、年齢層などに合わせて様々なタイプの反射材をチラシに添えて配布したところ、子供から大人まで多くの方々が喜んで受け取ってくれました。
 暑い毎日が続きますが、ドライバーのみなさんはハンドルを握ったら運転に集中、自転車や歩行者のみなさんも周りの車の動きに十分注意をし、交通事故を防ぎましょう。
自転車マナー向上キャンペーン
2022-07-13
 令和4年7月12日(火)、静岡県立横須賀高等学校において、生徒の登校時間帯に合わせ、自転車マナー向上キャンペーンを行いました。
 当地区支部の交通安全指導員は、掛川警察署員、掛川市職員と共に駐輪場に待機し、登校してきた自転車通学の生徒ひとりひとりにチラシを手渡しながら、事故が多く発生する交差点の安全な通行方法や自転車保険の加入が義務付けられていることなどについて説明し、安全運転を呼び掛けました。
 またこの日は、交通安全委員の生徒4人も参加し、反射材の付いていない自転車には反射材を取り付けるなど積極的に活動してくれました。
 掛川警察署管内では、今年、自転車事故が多発し、昨年に比べて大幅に増加しています。交差点では、「止まる・見る・待つ」を確実に行い、交通事故を防ぎましょう。
夏の交通安全県民運動が始まりました!
2022-07-13
 令和4年7月11日(月)の早朝、掛川市内3箇所(掛川警察署前交差点、静岡銀行大東支店前交差点、下新橋交差点)において、初日広報街頭キャンペーンが行われました。
 当地区支部の交通安全指導員や各分会役員も、掛川警察署員、掛川市職員、各種団体役員らと共に街頭に立ち、多くの通行車両・通行人に対して、安全運動の開始を広報し、安全運転・安全歩行を呼び掛けました。
 暑さで注意力が散漫になりがちな時期です。道路を利用する際は気を引き締め、交通事故防止に努めましょう。

◎実施期間    令和4年7月11日(月)から7月20日(水)までの10日間
◎スローガン   気を付けよう 知らない道より 慣れた道
◎運動の重点   1 横断歩行者の安全確保
         2 自転車と二輪車の安全利用の推進
         3 飲酒運転等危険運転の根絶
         4 高齢運転者の交通事故防止
TOPへ戻る