本文へ移動

熱海地区支部

活動状況

主要幹線道路の交通事故防止広報を行いました
2020-12-22
  令和2年12月22日(火)、長浜海浜公園前の国道135号線において、各関係団体と共に広報活動を実施しました。歩道内にて「早めのライトオン」「追突事故注意」等とかかれたのぼり旗の掲出や、交通広報車での巡回を行い、交通安全を呼び掛けました。
  ドライバーの皆さん、今年熱海市内で起きた2件の交通死亡事故はどちらも主要幹線道路で発生しています。いつも通っているから大丈夫と油断せず、安全運転をお願いします。
富士保育園にて交通安全教室を実施しました
2020-12-23

  令和2年1222日(火)、富士保育園にて交通安全教室を実施しました。

 園児達は、教室で道路の歩き方や渡り方を学んだ後、園庭に設置した横断歩道で実際に渡る練習をしました。手を高く上げ安全確認をし上手に道路を渡ることが出来ていました。

 これからも交通事故に遭わないように交通ルールをしっかり守りましょう!

マックスバリュエクスプレス熱海店にて高齢者交通安全広報を行いました。
2020-12-21
 令和2年12月21日(月)午前9時50分から11時00分まで警察官や市の職員と共にマックスバリュエクスプレス熱海店を利用する方を対象に、俊敏性を測定するクイックキャッチやクイックフィンガー、反射材の効果を確認できる反射ボックスを体験して頂きました。
 自身の身体機能を自覚し、安全運転・安全歩行に心掛けましょう。
 特に、静岡県下では歩行者の道路横断中の交通事故が増えています。手を上げて横断したい意思を運転手に伝えることや横断前や横断中の安全確認を忘れないで行いましょう。
市役所周辺の飲食店にて飲酒運転根絶を呼び掛けました
2020-12-18

令和2年1218日(金)は「飲酒運転等危険運転防止の日」で、熱海市役所職員・警察官と共に、熱海市役所付近の飲食店に伺い、チラシや飲酒運転の根絶を呼び掛けるメッセージがかかれているトイレットペーパーを配布し、飲酒運転根絶の協力を呼び掛けました。

 ドライバーの皆さん、飲酒運転は悪質な犯罪です!お酒を飲んだ後、「少しだけだから…。酔ってはいないから…。」など安易な考えでハンドルを握ってはいけません。自分が酔っていないと思っていても、お酒を飲むと確実に注意力・判断力は低下します。飲酒運転で家族や被害者の方、そしてあなた自身の人生を狂わすことのないように、お酒を飲んだらハンドルを握らない強い意志を持ちましょう。

伊豆山幼稚園にて交通安全教室を行いました
2020-12-16
令和2年12月16日(水)に、伊豆山幼稚園で交通安全教室を行いました。交通講話ではこちらの質問に積極的に返答してくれ、とても興味を持ってくれている様子でした。また、横断練習では一生懸命に信号機の色や車の動きを確認し、手を上げて渡る様子が見受けられました。
次の交通安全教室までにお家の人とたくさん練習してもっともっと上手になってくれていたら嬉しいです。
熱海市市民安全大会に参加してきました
2020-12-15
令和2年12月15日(火)午後2時から熱海市役所が主催する市民安全大会に参加してきました。このイベントは飲酒運転の追放と正しい交通マナーの実践・暴力団と関係をもたない環境作り・犯罪のないまち「あたみ」の実現を目指し、大会宣言やパレードを通して市民が一丸となって安全意識を高め合うイベントです。
 12月15日から31日までの間、年末の交通安全県民運動を実施しています。熱海市から痛ましい交通事故を一件でもなくしましょう。
多賀保育園にて交通安全教室を実施しました
2020-12-15

 令和2年1215日(火)の午前10時から交通安全教室を実施しました。室内で交通ルールの話をした後、保育園周辺の道路で、歩く・渡る練習を行いました。

 園児達は、真剣に話を聞いており質問すると元気よく答えてくれました。その後の横断練習では、自ら手をあげたり安全確認をしていたりと、上手に横断する様子が見受けられました。

 

 

夕暮れから夜間にかけての交通事故防止
2020-11-25

  令和2年1125日(水)、清水橋付近にて自発光式反射材を配布し、夕暮れから夜間にかけての交通事故防止を呼び掛けました。

 静岡県下では、交通事故の発生件数・負傷者数は減少傾向にあります。しかし、交通死亡事故が昨年よりも増加してしまっています。特に、夕暮れから夜間にかけて起きる交通事故は死亡事故に繋がる可能性が高くなります。

 歩行者の皆さん、暗い時間帯は運転手から歩行者が見つかりにくくなります。自発光式反射材・反射材・明るい色の服を身に付け自分の存在をアピールするようにしましょう。

 運転手の皆さん、歩行者や危険箇所を見落とさないよう夕方4時からのライト点灯・ハイビームの効果的な活用を心掛けましょう。

県下一斉街頭活動を行いました
2020-11-16

 令和2年1116日(月)午後5時半頃、清水橋付近において反射材靴シール付きチラシを配布し、夕暮れ時・夜間の交通事故防止を呼び掛けました。歩行者は皆快く啓発品を受け取ってくれ、「交通事故に気を付けるね」と答えてくれました。

 歩行者の皆さん、夕方以降の外出には反射材や自発光式反射材を身に着け、自身を目立たせましょう。また、運転者の皆さんは早めにライトを点灯・ハイビームを効果的に活用し、歩行者の早期発見に努めましょう。

熱海おさかなフェスティバルにて交通安全を呼び掛けました
2020-11-01

 令和2年111日(日)、渚小公園で行われた「集まれあたみ防衛隊」にてブースを設け、警察官とともに白バイ・パトカーの乗車体験や俊敏性を測定する機材の体験を実施しました。来場した方は、俊敏性測定器に興味を持っている様子で、多くの方に体験して頂くことが出来ました。

 静岡県内では交通死亡事故が増えています。道路を利用する際は、一人ひとりが交通ルールを守り、安全運転・安全歩行を心掛けましょう。

TOPへ戻る