本文へ移動

浜松西地区支部

活動内容

「卒業前中学3年生交通教室」を雄踏中学校で行いました
2021-03-23

 令和3年3月8日(月)浜松市立雄踏中学校体育館で、当地区支部交通安全指導員及び浜松西警察署・西区役所・雄踏地域指導員会が、「卒業前中学3年生交通教室」を行いました。

 例年、中学生の自転車事故に比べ、高校生の自転車事故が多いことから、中学卒業前に交通安全教室を行っています。

自転車のルールやマナーの復習や、自転車シミュレータを代表生徒が体験し、通行方法等を学習しました。これから入学を控えた3年生は、日頃の自転車の乗り方を振り返りながら、真剣に聴講してくれました。

生徒からは「安全に運転するためには、強い意識が必要だということが分かった」「交通知識の理解を深め、実践していきたい」等の感想があり、一人一人の交通安全意識の向上が見られました。

 自分の命を守るだけではなく、周囲のことを思いやり、交通社会人の一員として自覚を持った行動をお願いします。
交通死亡事故現場付近の街頭活動の強化
2021-03-23

 令和3年3月1日()に、浜松市西区和地町において、道路横断中の交通死亡事故が発生しました。当地区支部では悲惨な交通事故を1件でも防ぐため、3月5日(金)に現場付近の交差点で、街頭指導を実施しました。

 多くの中学生の通学路となっており、交通事故防止の呼び掛けに、「交通死亡事故発生をニュースでみました。気をつけます。」との反響がありました。

交通事故は、決して他人事ではありません。

ドライバーのみなさん、慣れた道でも運転中は気を引き締めて基本のルールをしっかり守りましょう。

 歩行者のみなさん、車の動きに十分注意しての通行をお願いします。
舞阪町・和地町にて高齢者宅訪問ポストイン作戦実施
2021-03-23

令和3年2月24日(水)静岡県下に発令されていた交通死亡事故多発警報に伴い、浜松市西区舞阪町において、当地区支部交通安全指導員と舞阪分会役員が、浜松西警察署員とともに、高齢者宅訪問ポストイン作戦を実施しました。

また、令和3年3月1日(月)に、浜松市西区和地町において本年1件目の交通死亡事故が発生したことから、3月5日(金)浜松市西区和地町において当地区支部交通安全指導員と浜松西警察署員とともに高齢者宅訪問ポストイン作戦を実施しました。

ご通行中の方にも靴の踵に反射シールを貼らせていただき、夕方から夜間の事故防止のお話をさせていただきました。明るい服装や反射材の着用を心がけていただき、周囲が見えにくくなる時間はなるべく外出を控えましょう。

入学前に通学路を歩く練習をしよう!順愛こども園
2021-03-15

 令和3年3月5日(金)社会福祉法人 順愛会 幼保連携型認定こども園 「順愛こども園」にて、当地区支部交通安全指導員と浜松西警察署が年長児を対象とした、交通安全教室を行いました。

 みんなで交通ルールの復習をした後、園外でグループごとに歩く練習をしました。駐車場・脇道から出てくる車や入ってくる車がいないか、自分の目で確かめることができていました。

また、途中で雨が降ってきたため、実践で傘の扱い方の勉強ができました。悪天候でも、自分の命は自分で守れるよう、繰り返し歩く練習をしてください。

小学校に行く前の準備として、親子で「通学路の点検」をしていただき、危険な箇所や道の通り方を確認し、4月から安全に登校できるようにしましょう。

瞳ヶ丘こども園で、「子供の命を守ろう」チャイルドシート着用指導&登園指導
2021-03-12

 令和3年3月11日(木)西区大人見町にある社会福祉法人慈愛会「瞳ヶ丘こども園」

で、浜松西警察署と当地区支部交通安全指導員が、チャイルドシート着用指導と登園指導を行いました。

 今回は園児や保護者に対して、シートベルトとチャイルドシート着用指導、また自転車を利用する保護者や歩行での登園等、様々な交通手段に対する安全な通行指導も行いました。

 呼び掛け指導に対して、親子で「はーい。わかりました。行ってきます。」と元気な声が返ってきました。

子供の交通事故は、同乗中が大半です。車や自転車に、子供を同乗させるときに、命を守れるのは、保護者のみなさんです。慣れた登降園も、いつも笑顔で、交通事故に遭わないように、ベルトと一緒に、気持ちも引き締めましょう。

「卒業前中学3年生交通教室」を篠原中学校で行いました
2021-03-12

 令和3年3月9日(火)西区篠原町にある浜松市立篠原中学校体育館で、浜松西警察署と当地区支部交通安全指導員が、「卒業前中学3年生交通教室」を行いました。

 例年、高校1年生の交通事故が多発していることから、中学校卒業前に、自転車教室を行うことで、交通事故防止を図ることが目的で、どうして交通ルールが、決められているのか考えながら、道路状況に応じた通行方法や「認知・判断・操作」するのは、運転手として大切なこと等も、わかりやすく説明しました。 

 講話後、自転車シミュレータを利用し、全員で危険予測をしました。「安全な自転車の乗り方が、難しい。」「こんなことまで予測できなかった。」等、感想がたくさん出てきました。

 いずれは、みんなも自動車のドライバーです。交通安全は、一生続く大切なことです。

今日を機に、交通事故に遭わない充実した高校生活を目指しましょう
「遠鉄グループ保育園かんざんじ」で、安全確認は「アイコンタクト」で。
2021-03-12

 令和3年3月8日(月)西区舘山寺町にある「遠鉄グループ保育園かんざんじ」で当地区支部交通安全指導員が交通安全教室を行いました。

 今回はコロナ対策として、2部屋に分かれて大型絵本教材等を使い講話を行いました。幼い園児も、みんな交通ルールを説明すると真剣に聞いていました。 

 園庭歩行練習を行う予定でしたが、前日が雨天のため、室内で2部屋に分かれて行いました。安全確認は、運転手と「アイコンタクト」で、車が来る方向を理解してしっかり見ていました。素晴らしいです。

 小さな頃から何度も繰り返すことで、安全に横断できるようになってきます。ぜひご家庭でも、歩く経験を増やし、「自分の命を自分で守れる」子供に育てて下さい。
和地町にて死亡事故発生!「遠鉄ストア桜台店」にて店舗広報実施
2021-03-12

 令和3年3月1日()浜松市西区和地町において、交通死亡事故が発生しました。当地区支部は、悲惨な交通事故を1件でも無くすため、3月4日(木)遠鉄ストア桜台店にて、西区まちづくり推進課及び浜松西警察署と協働で、店頭広報を行いました。

 交通事故防止の呼び掛けのチラシと共に、反射材を配布しました。

来店された方々の交通安全への関心がとても高く、慣れた道でも油断せず、安全通行することを約束してくれました。一人一人の心掛けから、地域全体に交通安全の輪を広げましょう。

ドライバーのみなさん、早めにライトを点灯し、道路状況に応じたハイビームの活用をお願いします。

歩行者の方は、明るく目立った服装をし、反射材やライトを身に付けましょう。また、「しずおか・安全横断3つの柱」で交通事故防止に努めてください。

夜間の交通死亡事故発生!!道路を横断するときには、要注意!!
2021-03-12

 令和3年3月1日(月)の夜間に、浜松市西区和地町において、歩行者が道路を横断中、車と衝突する交通死亡事故が発生しました。

 この交通事故に伴い、「ふれあい交流センター湖東」や「和地協働センター」、和地地区各町の会館等にポスターの配布・掲示を依頼しました。

早速、掲示板に「交通死亡事故発生」のポスターを掲示してもらい、注意喚起を行うことができました。

 早朝・夜間・夕暮れ時は、特に外出を控えましょう。歩行者は、外出する際には、明るい色の服装や反射材・自発光式反射材等の活用をし、ドライバーは、早めのライト点灯やハイビームの活用をして、交通事故の発生に、歯止めをかけましょう。

ころころピーナッツ交通教室
2021-03-12

 令和3年3月2日(火)しずおか多胎ネット双子サークル「ころころピーナッツ」の交通教室が、西区役所2階講座室において、開催されました。

 今回は、当地区支部交通安全指導員が講師として、就園に向けて楽しく親子で学習できるように、交通安全パネルシアターと歩行訓練を行いました。

 「道を渡る時には必ず止まって、手を挙げて右・左・右を見ること」や「車に乗ったらチャイルドシートに座ること」をお話の中で約束をしました。

 模擬信号機と横断マットを使用した歩行指導では、双子の子供達が揃って、手をあげて保護者の方と頑張って、左右に置かれた箱の車をよく見て渡っていました。

ご家庭でも、道路を歩くときには、信号機についてお話ししたり手をあげて横断歩道を渡ったりしてもらい、少しずつ交通ルールを覚えてくれるとうれしいです。

TOPへ戻る