本文へ移動
 日没時刻の早まりとともに、歩行者及び自転車利用者の交通事故が多発することが懸念される年末を控え、夕暮れ時から夜間にかけての歩行者及び自転車利用者の交通事故防止を呼び掛けるため、昨年に引き続き11月12日(火)午後5時30分から県交通安全協会主体による県下一斉の街頭広報啓発活動を実施しました。
 この日は、静岡県交通安全指導員をはじめ、県下各地区支部役員等約1,100人が参加して、歩行者や自転車利用者に対して、自発光式等の反射材用品を配布する等の活動を行いました。
TOPへ戻る