本文へ移動

秋の全国交通安全運動

 秋の全国交通安全運動が実施されます。
 歩行者の安全地帯である横断歩道においても、「車が止まらない。止まってくれない。」という声を耳にします。ドライバーの交通ルール・マナーを守る意識や、子どもや高齢者を始めとする歩行者への思いやり、譲り合いの精神が薄れていることが考えられます。
 ドライバーの皆さん、横断歩道を横断し、また、横断しようとする歩行者がいる時は、その横断歩道の手前で一時停止して、歩行者の通行を妨げないようにしましょう。

期間

令和元年9月21日(土)から9月30日(月)までの10日間

目的

 県民一人ひとりが、自らの交通安全に関する意識を高め、交通ルールの遵守と交通マナーの実践に努めることにより、交通事故防止を図ります。

スローガン等

スローガン 安全を つなげて広げて 事故ゼロへ
運動の重点
 
  1. 子供と高齢者の安全な通行の確保
  2. 高齢運転者の交通事故防止
  3. 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止
  4. 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
  5. 飲酒運転の根絶
  6. 各市町交通安全対策協議会等が決定する事項

運動期間中の主要行事

行事名 実施日 内 容
運動事前広報街頭指導の日
20日(金)
本運動の開始を事前広報するとともに、街頭における交通指導等を行い、期間中に行われる各種活動への取組意識を高めます。
横断歩道における歩行者保護対策強化の日 26日(木) 交通需要の多い横断歩道等における歩行者の保護誘導並びに歩行者及び運転者に対する街頭啓発・指導を推進します。
交通事故死ゼロを目指す日 30日(月) 全国一斉に行う「交通事故死ゼロを目指す日」に合わせ、子供と高齢者を対象とした交通安全講習会や参加・体験・実践型の交通教室を開催し、交通ルール・マナーの理解向上と安全行動の促進を図ります。
TOPへ戻る