本文へ移動

浜松東地区支部

活動状況

交通安全指導員を募集しています!
2020-08-06
 7月9日(木)に聖星高校、7月16日(木)に浜松開誠館高校、8月6日(木)にシ
グマライセンススクールにおいて、交通安全指導員採用募集活動の紹介を行いました。
 卒業後に就職を希望する方々に、交通安全指導員の活動内容や仕事から得たもの等を説
明しました。
 実際に交通安全教室でも使用する脳トレを行い、交通安全の意識を高めてもらいました。
 募集は10月14日(水)までとなっています。
 また、交通安全指導員の募集共々、交通安全協会へのご理解とご協力をよろしくお願い
します。
バロー中野町店店頭広報
2020-07-17
 夏の交通安全県民運動行事の一環として、7月17日(金)にバロー中野町店において交通安全
広報を実施しました。
 来店者の方へ反射材を配布するとその場でバッグなどに付けてくださる方もいて、反射材の
効果をより多くの方へ詳しく説明する良い機会となりました。
 今後、梅雨が明け、夕方から夜間にお出かけされる際は、反射材や自発光式反射材を身につけ、交
通安全でお出かけください!
           
「交通事故0 願いをこめて」七夕交通安全
2020-07-02
 7月2日(木)に浜松東警察署庁舎内において、相生こども園の代表園児による七夕飾り
贈呈式が行われました。
 七夕飾りには園児の字で「こうつうじこに、きをつけます。」など交通安全への願いが
書かれていました。浜松東警察署長と地域交通官も無事故を願い、園児とともに短冊と反射材
を笹に飾り付けました。
 その後、園児は交通安全指導員と横断練習を行い、「園に戻ったら友達や家族にも正しい
道路の渡り方を教えてあげてほしい」と伝えました。
 交通ルールを守り、みんなが無事故で元気に過ごせることが、私たち交通安全指導員の願
いです。
                            
浜松東警察署管内で発生した交通死亡事故現場診断の実施について
2020-06-30
 令和2年6月21日(日)に浜松東警察署管内の和田町で発生した交通死亡事故の現場診断を実
施しました。
 浜松東警察署、交通安全協会浜松東地区支部、安全運転管理協会、市役所、自治会等多くの関係
者が参加し、様々な立場から今後気をつけるべき事を考えることができました。
 また当地区支部と浜松東警察署では、交通死亡事故発生をうけ、交通安全チラシを作成しまし
た。多くの方に見てもらい、交通事故防止に役立てて頂きたいです。
中ノ町小学校で交通安全リーダーと語る会を実施しました!
2020-06-18
 令和2年6月18日(木)浜松市立中ノ町小学校において、交通安全リーダーと語る会が行われました。
 今年度の交通安全リーダーと語る会は新型コロナの影響もあり、参加人数を縮小し、6年生とPTA会長が参加しました。当地区支部交通安全指導員からは交通安全リーダーとしての心構えや、自転車の安全な乗り方を伝えました。
 参加児童からは、「知らなかった交通ルールを知る事ができた」との発表があり、交通ルールについて再確認する良い機会となりました。
 今後は、より一層交通安全リーダーとしての自覚を持ち下級生のお手本になる行動をとり、学校や地域が一丸となって交通事故ゼロを目指してほしいです。
「ピカッと作戦!」キャンペーンin静岡銀行 名塚支店
2020-06-15
 令和2年6月15日(月)静岡銀行名塚支店において、浜松東警察署と当地区支部交通安全指導員が、夕暮れ時から夜間の交通事故防止を目的としたキャンペーンを行いました。
 この日は年金支給の日で銀行を訪れる高齢者の方が多く、靴のかかとや自転車に反射材を貼りつけさせてもらうことで、無事故で過ごすためのポイントを伝えるよい機会となりました。
蒲小学校で交通安全教育推進モデル校指定書授与式を行いました。
2020-06-05
 令和2年6月5日(金)に今年度交通安全教育推進モデル校である浜松市立蒲小学校6年生に対して、交通安全教育推進モデル校指定書授与式を行いました。
 本来は浜松市教育委員会と浜松東警察署と合同で児童へ授与する予定でしたが、この日は1年生の交通安全教室もあり代表で交通安全協会浜松東地区支部の交通安全指導員から授与させていただきました。
代表児童は、「全校のみんなで交通事故0を目指します!」と力強く宣言してくれました。
 登校時だけでなく、下校後等も交通ルールを守って過ごしてほしいです。
「命を守る!」交通安全教室IN相生こども園
2020-05-27
 令和2年5月27日(水)中区にある相生こども園で、年長児に対する交通安全教室を行いました。
 「自分の命は自分で守る」ことを目標とし、お話で交通ルールの確認をした後、横断歩道を渡る練習をしました。横断練習では緊張しながらも、自分の目で車の動きを確認して横断する姿がありました。
 この交通安全教室で学んだことを、園児から家族に話しをすることで、家族みんなが無事故で過ごしてほしいです。
             
TOPへ戻る