本文へ移動

清水地区支部

活動状況

年金受給日における交通事故防止及び振り込め詐欺防止の街頭広報
2018-10-18
当地区支部交通安全指導員は、1015日(月)、清水警察署交通課員と協力し、清水銀行高橋支店において、年金受給日に伴い来店する高齢者を対象に交通事故防止と振り込め詐欺被害防止についての声掛け指導を行いました。来客者に夕暮れ夜間の交通事故防止について説明し、反射材をその場で付けさせてもらいました。また、「道を渡る時には気を付けるよ」や「清水は詐欺が多いんだね、気を付けるよ」といった声がきかれ、来客者の安全意識の高揚に繋がりました。
有度西こども園歩行交通安全教室
2018-10-18
当地区支部交通安全指導員は、1010()、有度西こども園において、園児を対象に歩行交通安全教室を実施しました。道路の歩き方、渡り方や車に同乗した際のチャイルドシートとシートベルトの着用についての講話をした後、年少児は園庭に作成した横断歩道を、年中児と年長児は実際に園前の道路に出て歩行横断練習を行いました。園児たちは緊張しながらも、信号や車をよく見て歩行横断練習を行っていました。
飯田地区S型デイサービス下野東交通安全講習会
2018-10-15
当地区支部交通安全指導員は、109日(火)、飯田地区交通安全会の協力を得て、下野東集会所において、S型デイサービス会員を対象に交通安全講習会を実施しました。集会所周辺は、交通量が多く、見通しの悪い交差点も多いため、参加者も自転車の飛び出しの危険を感じているようで、交差点ではしっかり止まって安全確認することの大切さを実感していました。俊敏性の測定は積極的に体験してくれ、参加者自身も俊敏性の違いを感じており、焦らずゆとりを持った行動をするよう伝えました。
「夕暮れピカッと作戦」街頭広報
2018-10-12
当地区支部交通安全指導員は、10月5日(金)、9日(火)清水警察署や清水区役所職員、また今年度「高齢者交通事故防止モデル地区」である折戸地区・有度地区の自治会・安全会の協力を得て、5日は三保街道の東海大学入口交差点9日は、南幹線御門台交差点において   「夕暮れピカッと作戦」街頭広報を実施しました。のぼり旗を掲示し、早めのライト点灯の呼びかけや通行人の靴や鞄、自転車に反射材や自発光式ライトを直接取り付けました。夕暮れ時間帯に実施し、多くの方に自分の存在を周囲に知らせることによって事故防止に繋がることを知ってもらいました。また、街頭活動の様子が新聞にも掲載され、報道効果が高まりました。今後、11月中旬までの間清水区内の主要交差点において実施する予定です。
 
なかよしクラブ体操教室参加者に対する出前講座
2018-10-12
当地区支部交通安全指導員は、10月11日(木)、静岡市清水総合運動場内にある武道場において、体操教室の参加者を対象に出前講座を実施しました。参加者は、歩行者や自転車利用者が多く、なかには会場まで車を利用している人もいました。会場近くで起きた交通死亡事故の概要を説明し、交差点を通行する際にそれぞれの立場で安全確認を十分に行うよう話しました。また、夕暮れから夜間の事故防止として反射材着用の効果と参加者にフラッシュライトを配布し活用を促しました。
清水区シニアクラブ連合会蒲原地区堀川高齢者交通安全講習会
2018-10-12
当地区支部交通安全指導員は、10月11日(木)、蒲原老人福祉センターにおいて、蒲原地区堀川シニアクラブ会員の高齢者を対象に交通安全講習会を行いました。参加者の多くは自転車や徒歩で外出するとのことで、駐車場などで後退する車に見落とされないよう、駐車場内では下を見て歩かないことや車の動きをよく見ることを伝えました。また動画を使って危険を予測してもらい、交通事故に遭わない為には、予測することの必要性や、安全確認の大切さを認識する良い機会になりました。
興津南こども園歩行交通安全教室
2018-10-12
当地区支部交通安全指導員は、10月10日(水) 、興津南こども園において、年少児から年長児を対象に交通安全教室を開催しました。室内で交通講話を行い、園児たちは真剣に交通ルールを学んでいました。実地指導では、年少児・年中児は園庭で信号横断と横断歩道の渡り方を学びました。年長児は、傘を持って園外歩行を行いました。園周辺の道路は狭く、交通量も少ないため油断してしまいがちな道路でも右隅を歩くよう気をつけていました。国道一号の道路を横断する際、緊張した面持ちで安全確認をしっかりして手を挙げて渡る姿が見られました。保護者の皆さん、歩く時の交通ルールを園児たちはしっかりと学んでいました。保護者の責任として、車同乗時にはチャイルドシートやジュニアシートを利用することをお願いします。
小島地区S型ディサービス立花高齢者交通安全講習会
2018-10-04
当地区支部交通安全指導員は、102()、小島地区交通安全会の協力を得て、立花自治会館において、清水小島地区S型ディサービス立花の利用者及びボランティアの方を対象に交通安全講習会を実施しました。小島地区の交通事故発生状況や、道路横断中の交通事故防止について講話を行いました。その後、当地区支部からの反射材タックルバンドや、交通安全会から反射材付きトートバックの配付があり、夕暮れから夜間にかけての交通事故防止を呼び掛けました。
うど東保育園歩行交通安全教室
2018-10-04
当地区支部交通安全指導員は、10月1日()、うど東保育園において、全園児を対象に歩行交通安全教室を実施しました。子供達は、各年齢別に交通ルールの講話を聞き、質問に大きな声で答える姿が見られました。また、園庭で模擬道路や交差点を、0歳児は乳母車に乗り、1歳児は歩行補助ロープを使って集団で先生と一緒に横断しました。2歳児と年少児は二人組になりよく見て手を挙げ渡ることができました。毎年繰り返し実施しているため、小さな子供達もしっかり歩くことができました。年中児と年長児は、園付近の交通量のある道路や交差点を横断し、一人で止まって見ることや危ないときは止まることが意識してできるよう練習しました。
杉の子保育園歩行交通安全教室
2018-10-04
当地区支部交通安全指導員は、10月2日(火)、杉の子保育園において、0~3歳児を対象に、歩行交通安全教室を実施しました。交通講話では、ミーちゃんの着ぐるみを用いて、道路の歩き方や渡り方を楽しみながら学びました。実地指導では、2~3歳児が園周辺の道路を歩きました。子どもたちは、車が近づいてきたらすみに避けて止まることや、道路を渡るときには車が来ないかよく見て渡ることができました。
一般財団法人 静岡県交通安全協会
〒420-0839
静岡市葵区鷹匠2丁目5番7号
TEL:054-251-4765
FAX:054-251-4779
 
TOPへ戻る