本文へ移動

富士地区支部

活動状況

天間幼稚園で交通安全教室を行いました
2023-01-12
 1月12日(木)天間幼稚園にて、年少児~年長児を対象とした交通安全教室を行いました。
 年少・年中児は、道路を歩く時や渡る時の交通ルールを思い出しながら話を聞き、指導員の質問にもたくさん答えてくれました。
年長児は、交通講話の後に、傘を差しての横断練習と公道歩行を行いました。園児達はペア同士で教えあいながら、正しく道路を歩く事ができました。
 年長児のみなさん、小学生になっても交通ルールをしっかり守って、元気に学校へ行こうね!
富士川第一幼稚園にて交通安全教室を行いました
2023-01-11
 1月11日(水)富士川第一幼稚園にて、全園児と年長児の保護者に対して交通安全教室を行いました。
 初めに、園児さんには実際の写真や動画などを取り入れたパワーポイント教材を使って、交通ルールの確認をしてもらいました。4月から小学1年生になる年長児の保護者の方には、子どもの事故状況や特性、指導の方法などを説明しました。
 その後、年長児と保護者は園周辺の道路を歩く練習をしました。年長児が前、保護者が後ろを歩いたことにより、緊張感を持って真剣に歩くことができていました。
 年長のみなさん、4月から立派な1年生になれるよう、通学路を歩く練習・傘をさす練習をたくさんやってくださいね!
「反射材つけたあなたが1番星~ピッカピカー~」と題し啓発活動を行いました
2022-12-26
 11月16日(水)~12月26日(月)の間マックスバリュ御幸町店・八幡町店・スーパーオカムラの3店舗にて合計7回、啓発活動を実施しました。
 店舗の出入口付近にのぼり旗を設置し、チラシや反射キーホルダーなどを配布し、交通事故防止を呼びかけました。
 来店客の方々は、啓発品を喜んで受け取ってくださり、その場で付けている方もいらっしゃいました。
 年末は飲酒機会の増加や、交通量が増えることで起きる渋滞など、様々な理由から交通事故の多発が予想されます。いつもより慎重な運転・歩行を心掛け、良いお年をお迎えください!
飲酒運転根絶キャンペーンを行いました
2022-12-23
 12月23日(金)ロゼシアター前交差点において、年末の交通安全県民運動に伴う飲酒運転根絶キャンペーンを行いました。
 飲酒運転防止協会員や地域交通安全推進委員の方と、のぼり旗やハンドポップなどを掲出し、飲酒運転根絶を呼びかけました。
 年末年始にかけて、飲酒の機会も増えてきます。「飲んだら乗らない、乗るなら飲まない、飲ませない」を徹底し、富士市内から悲惨な交通事故を無くしましょう。
マックスバリュ八幡町店にて広報啓発活動を行いました
2022-12-23
 12月13日(火)と年末の交通安全県民運動期間中の23日(金)に、マックスバリュ八幡町店において、広報啓発活動を行いました。
 啓発品としてチラシや反射材等を渡し、道路横断時や夕暮れ時から夜間の交通事故防止を呼びかけました。
 年末にかけて、スーパー等の店舗周辺での交通事故が多発しています。交通事故に遭わない・起こさない為にも、安全運転・安全歩行を心掛け、安全確認を確実に行いましょう。
「行く年来る年交通安全」を行いました
2022-12-21
 12月21日(水)「年末の交通安全県民運動」の行事の一環として、安全協会女性部の方と一緒にイオンタウン富士南とMEGAドン・キホーテUNY吉原店に分かれ、来店客に対して交通事故防止を呼びかけました。
 女性部の方の手作りマスコットと共にお花を渡したことで、興味を持って足を止めて話を聞いて下さる方が多くいました。
 富士市内では、ショッピングセンター等の周辺での交通事故が多発しています。特に道路横断時は危険を伴いますので、遠回りでも横断歩道や信号機等の安全施設を利用し、安全に横断しましょう。
サイクルマナーアップ街頭指導を行いました
2022-12-21
 12月21日(水)年末の交通安全県民運動の一環で、富士警察署や富士市役所、各関係団体の方々と、サイクルマナーアップ街頭指導を行いました。
 富士市内の各高校付近の主要交差点に立ち、のぼり旗を掲出したり、街頭指導を行い、通勤・通学している自転車利用者に対し安全運転を呼びかけました。
 自転車ご利用のみなさん、静岡県内での自転車事故は減少している一方、富士市内では昨年に比べ、自転車事故が大きく増加しています。交通事故の被害者・加害者とならないよう、交通事故防止に心がけましょう!
安全横断啓発キャンペーンを行いました
2022-12-20
 年末の交通安全県民運動の一環で、12月20日(火)11時からマックスバリュ富士水戸島店において安全横断キャンペーン広報を行いました。
富士市内では10月末から交通死亡事故が連続発生していることや県内でもスーパー等の付近で交通事故が頻発している現状もあり、利用者の皆さんは足を止めて警察官や交通安全指導員の事故防止策の声掛けに耳を傾けていました。
 市内の交通事故の多くは、地元の方が自宅付近の通り慣れた道で発生しています。年末年始は、年の瀬や新年を迎えるための準備で外出も増えますので、道路を横断する時や運転時ハンドルを握ったら、慌てず慎重に行動しましょう。
 交通ルールやマナーを意識して年末年始を穏やかに過ごしてください。
富士市立高等学校にて自転車事故防止広報啓発活動を行いました
2022-12-20
 12月20日(火)年末の交通安全運動県民運動期間中に、サイクルマナーアップモデル校の富士市立高等学校にて、富士市立高校の代表生徒と富士市役所・レバンテフジ・富士警察署と合同で、自転車通学者を対象に自転車事故防止広報啓発活動を行いました。
 自転車乗車中のヘルメット着用の努力義務化の呼びかけや、夕暮れ時から夜間の事故防止として反射材を配布しました。
 交通事故に遭わないだけでなく、交通事故を起こさないよう、交通ルールを正しく守りましょう!
夕暮れ時のライトオン作戦を行いました
2022-12-19
 12月19日(月)年末の交通安全県民運動に伴い、ロゼシアター前交差点から中央公園東交差点にかけて、富士警察署、富士市役所、富士市交通安全指導員等関係団体とともに、夕暮れ時のライトオン作戦を行いました。
 総勢約100名で交差点や道路沿いに立ち、「早めのライト点灯」「追突注意」などが書かれたハンドポップを掲示しました。また、交差点を通る方に反射材付きのバッグやタックルバンドを配布し、明るく目立って事故に巻き込まれないよう呼びかけました。
 富士市内では、夕方以降の暗い時間帯に死亡事故が多発しています。ライトや反射材を活用し、昼間よりも慎重な安全運転・安全歩行を心掛けましょう。
TOPへ戻る