本文へ移動

下田地区支部

活動状況

交通安全クリスマスの集い
2018-12-08
年末の交通安全県民運動に先駆けて、“交通安全クリスマスの集い”を行いました。
交通安全クリスマスの集いは毎年開催しています。今回は、アトラクションとしてサックス奏者のJIMMY中山さんに楽しい演奏をして頂きました。その後は、交通安全寸劇「クリスマス準備は?交通安全!」を交通安全指導員と警察官で実施しました。
年末は外出する機会が増えると思いますので、皆さんもいつも以上に安全運転・安全歩行に努めましょう。
11月の高齢者交通安全教室
2018-11-20
今月は、東伊豆町の湯ヶ岡あじさいクラブ・南伊豆町の青市老人クラブ・下田市の箕作みのり会にて交通安全講習会を行いました。
講話では、昨年の交通事故発生状況を説明した後に、安全確認の際には、身体全体を使って安全確認をすることなどの話をさせてもらいました。
箕作みのり会では、自分で反射折り紙を使ってカブトの作成をしてもらい交通安全について意識を高めてもらいました。
各老人会やサロンはもちろん様々な団体の方に交通安全について広めて行きたいと思います。ぜひ、一度交通安全教室を受けてみてはいかがですか?
交通安全を呼びかけよう!西伊豆町ふるさとまつり
2018-11-11
ふるさとまつりにて下田警察署と共に交通安全コーナーを設置し、白バイ・パトカー乗車体験、交通安全ゲーム・反射折りカブトの作成を実施しました。
イベント会場内にて反射材や女性部が作成した巾着袋を配布しながら交通安全の呼びかけを行いました。
来場者の方は親子連れが多く白バイ・パトカー乗車体験、交通安全ゲーム、反射折りカブトの作成を楽しんでいました。反射折りカブトは、自分で作成したものをその場で身に付けている方もおり、夕暮れ時から夜間の交通事故防止に繋がりました。
今年度のイベント参加はふるさとまつりが最後です。来月には年末の交通安全県民運動が実施されます。年末年始は慌ただしくなりますが焦らず、慌てず、皆さん安全運転・安全歩行をよろしくお願い致します。
県下一斉街頭指導 ~中島橋交差点・宮の前橋交差点
2018-11-12
毎年恒例の交通安全協会の県下一斉街頭を行いました。下田警察署管内では、下田市の中島橋交差点・松崎町の宮の前橋交差点にて下田市役所、下田市交通指導員会、下田分会、松崎町西伊豆町役場、松崎交通指導員会、西豆分会と交通事故防止に努めました。
中島橋交差点は、歩車分離式交差点となっていて、斜め横断用の横断歩道がないため横断歩道上を渡るよう意識して頂きたいです。
一人一人が交通ルールとマナーを守り、痛ましい交通事故をなくしていきましょう。 
下田市と河津町のふれあいまつり~交通安全コーナー
2018-10-28
10月は、21日の下田市ふれあい広場と28日の河津ふれあい祭りに参加し、交通安全について子供から大人まで興味を持ってもらいました。
大人には、反射神経を測定するクイックアーム体験と飲酒ゴーグル体験、子供には交通安全お守りに挑戦してもらいました。クイックアームは、高齢者にも体験をしてもらい、自分の身体能力を知る良い機会になった様です。
写真は、交通安全お守りを書いた子供達がお賽銭箱に見立てた箱の中に、お守りを入れに行く様子です。交通安全神社ということで、横断歩道をきちんと安全確認しながら渡っています。子供も大人も守らなければいけないルールは同じです。一人一人が交通ルールとマナーを守りましょう。                 
交通安全教室inゆうゆうクラブスポーツ大会!
2018-10-25
西伊豆町健康増進センターで行っているゆうゆうクラブスポーツ大会に出向き、交通安全教室を実施しました。
参加者は、管内で発生した交通死亡事故の発生状況や運転中・歩行中の交通事故防止の話を真剣に聞いていました。
指導員からは、歩行中の交通事故防止として①横断歩道が近くにある時には必ず横断歩道を利用する②道路を渡るときはまっすぐ横断する③止まる、見る、待つを守るよう指導をしました。
下田警察署管内では、高齢者の関わる交通事故が多く発生しています。一人一人が交通ルールとマナーを守り悲惨な交通事故の犠牲者とならないよう事故防止に努め、いつまでも健康に過ごしましょう! 
自分自身の身体能力を知ろう!交通安全体験車
2018-10-25
松崎町長八美術館駐車場、西伊豆町旧西伊豆町消防署跡地にて交通安全体験車を使用したイベントを実施しました。
自動車運転のシミュレーターや動体視力検査、その他にも視野診断や反射神経の速さ等の検査を行い、参加者には啓発品としてタックルバンドの反射材を配布しました。
参加者は交通安全意識が高く、自分の交通手段に合わせて積極的に体験をしていました。また、反射材をその場で身に付けている方もおり夕暮れ時から夜間の事故防止の良い広報にもなりました。
皆さんも交通事故を1件でも減らすために自分自身の身体能力や運転を見直し、安全運転・安全歩行に努めましょう。
10月の高齢者の交通安全教室
2018-10-19
今月は、河津町笹原姫宮シニアクラブ・南伊豆町下小野老人会の交通安全教室を実施しました。
下田警察署の管内では、交通安全教室と共に振り込め詐欺に関する防犯講話と、津波や地震に関する防災講話も一緒に行っています。2つの団体でも地域に合わせて講話をしましたが、皆さん関心を持って耳を傾けてくださいました。
いつどんなときでも、「自分の身は自分で守る」これは幼い頃から皆さん言われてきたことだと思います。この機会にぜひ家族で、考えてみてはどうですか?
下田高校自転車通学者の交通事故防止広報
2018-10-19
高校生の自転車交通事故防止の一環として、交通安全協会下田分会・下田市交通指導員会・下田市役所・下田警察者交通課と合同で下田高校にて広報活動を行いました。
通学してくる生徒にチラシとリフレクターを配布し、交通事故に遭わないよう意識を高めてもらいました。下田高校は、自転車通学者の多い高校です。静岡県内では、高校生の自転車事故が多く発生しています。高校生も、自転車に乗ったら軽車両を運転しているという自覚を持って運転して頂きたいと思います。
夕暮れ時からの交通事故を防ごう~下田市~
2018-10-15
夕暮れ時の高齢歩行者事故防止対策推進期間のため、下田市では交通安全協会下田分会女性部と下田市役所と下田警察署合同で、中島橋交差点付近で街頭広報を行いました。
ドライバーの方には、横断歩行者の交通事故防止や早めのライトオンを呼びかけ、歩行者の方には、横断中の注意点や反射タスキをその場で掛け自分の存在を目立たせるよう話をさせてもらいました。
静岡県内では、例年秋口から年末にかけて、夕方から夜間の交通事故が増加傾向にあります。ドライバーも歩行者もそれぞれが少しずつ気をつけることによって1件でも交通事故が減ることを願っています。
一般財団法人 静岡県交通安全協会
〒420-0839
静岡市葵区鷹匠2丁目5番7号
TEL:054-251-4765
FAX:054-251-4779
 
TOPへ戻る